行正り香の 今夜は家呑み

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.46
  • (7)
  • (8)
  • (16)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 129
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023304284

作品紹介・あらすじ

『週刊朝日』の人気連載が一冊に!人気料理研究家が提案する、初心者でも簡単に作れる"幸せな家呑み"のためのおつまみレシピ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今後使っていきたい、レシピ本。

  • ★2015/3/18読了。

  • お弁当レシピの参考に◎

  • 掲載されてる料理が手軽でおいしそう

  • 週刊朝日の連載の単行本化。そこでも愛読。さっそく今日はP9のキャベツの山椒サラダを作った。週刊朝日の掲載分は、行正さんのコメントがあり、それが料理意欲を盛り立てるので、それがないのが残念。また、1つのレシピに組み合わせてサブレシピがのっているのも、週刊誌だけ。さらに、タイトル通り、合うお酒までおすすめしてある。なんにせよ、この人のレシピは実に簡単なのに美味しいので、本の中のメニュー全部作りたいな!

  • 図書館で借りたけど購入決定。
    家呑みをしたくなる、人を誘いたくなる
    メニューが盛りだくさん。
    どのレシピも簡潔で材料も多くなく
    ぱぱっと作れるものばかり。
    どどーんと出来あがった写真が載っているけど
    どれも本当に美味しそうだし、盛り付けの
    参考にもなる。べちゃっと盛るのとこんもり
    高く盛るのと、全然違うし。
    シャケ缶とか缶詰レシピなんて缶ごとだしても
    すごくおしゃれ。本当に参考になる。

  • 「頑張って働くのはおいしくお酒を呑むため」
    そうだよなー。

    "さみしさ同量"の照り焼きだれとか、20ミニッツチキンソテーとか、覚えやすいところも良い!

  • 随分前に図書館で予約してたのが順番回ってきたので読む。
    行正り香さんの料理レシピ、どってことないんだけど(失礼)手軽にできるのとメニュー構成が参考になるのと、ちょっとしたエッセイやお酒の話がいいポイントになってて何冊か手に取ってる。

    でもなー、この本は1ページずつ延々レシピが並んでる。しかもやっぱりどってことない料理(失礼)
    この程度でレシピになっちゃうものなのかーとちょっと感心してしまうほどだ(さらに失礼)

  • 簡単にできるおつまみのレシピ集

  • 簡単レシピ特集。材料も身近にあるもので、手順も驚くほど簡単。

    なのに味保証付き。あると便利。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1966年、福岡県生まれ。料理研究家。またアクティブラーニング教材「カラオケ!English」、キッズ無料サイト「なるほど!エージェンント」、アプリ「今夜の献立、どうしよう?」などを手がける株式会社REKIDS代表。
カリフォルニア大学バークレー校卒。帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍し、在職中から料理本を出版。著書は50冊以上。中国語版、韓国語版にも翻訳されている。2011年よりNHKワールド料理番組「Dining with the Chef」に出演。
主な著書に『19時から作るごはん』(講談社)、『肉の本』(扶桑社)、『行正り香のインテリア』(講談社)など。新橋ではステーキハウスFood/Daysを運営する。

「2018年 『ビリからはじめる英語術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

行正り香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飯島 奈美
有効な右矢印 無効な右矢印

行正り香の 今夜は家呑みを本棚に登録しているひと

ツイートする