衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生

著者 : 大前研一
  • 朝日新聞出版 (2009年11月6日発売)
3.60
  • (4)
  • (21)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
  • 158人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023304451

衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • EUは民族独立に同情的。分離独立を宣言した際、本国郡がそれを阻止しようとしても、EUの世論を味方につけていれば手を出すことができなくなってしまう。
    人類は民族紛争、宗教戦争を繰り返しているが、その根本では、幸せになりたいということが共通の目的である。

  • 中国そして東欧と自分で足を運ぶ事で、その地域の将来の発展性を主張されてきた大前氏が、今回は満を持して拡大ユーロの欧州圏が栄えるという内容の本を書かれています。

    サブプライムローン関連の被害を最も受けているのは欧州であるとか、ユーロは依然として他通貨と比較して過大評価されている、拡大とは言うものの貧富の差が激しすぎて団結出来るのかという意見が出ている中で、この本のタイトルに目が留まりました。

    第一次世界大戦が終了してから、世界中がブロックしたように今回もそうなるのでしょうか。いずれにせよ欧州は団結する方向で動いているようなので、その将来性を探る上でも興味ある一冊でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・リスボン条約の発効には全27加盟国の批准が必要、残っていたアイルランド、ポーランド、チェコも批准するので、2010年初めに条約が発効し、初代EU大統領が誕生する予定(p28)

    ・経済発展途上の国々(ルーアニア、ブルガリア等)を加えたことで、EU企業は中国と同程度のコスト(ルーマニアはドイツの10分の1で、欧州内で工業生産ができることを発見した(p32、123)

    ・EUにはひとつの加盟国で認めた資格は他の加盟国でも認めなければならないという相互主義原則があるので、医者や弁護士は他国でも活用できる(p63)

    ・経済危機になってもユーロがドルのように崩れない理由は、世界で唯一、規律(財政赤字GDPの3%以下、債務残高同60%以下等)のある通貨だから(p72)

    ・2003年に日銀総裁に就任した福井氏は、在任中に準備通貨の30%をユーロへシフトした、これは最大の功績(p92)

    ・EU企業の場合、域内貿易が65%、すべてがユーロ決済なので為替レートを気にする必要がない、ユーロが強くなっても企業は悲鳴をあげる必要なし(p87)

    ・ドルは円に対しては長期的には高くなるトレンドにあるが、ユーロに対しては安くなるトレンドにある、日本円に対してユーロは強くなる傾向か(p90)

    ・2008年10月、アメリカは金融安定化法によって、7000億ドルの公的資金で不良債権買取、預金保護上限を10から25万ドルへ引上げを決定した(p94)

    ・EU関連の集まりは当初は、ドイツ・フランス・イタリア・スペイン・英語の5ヶ国語で行っていたが、最終的には英語になった(p110)

    ・シェンゲン協定にはアイルランド、イギリス以外は全EU加盟国が加入していて、税関でトラックがとめられることなく物流の一元化が可能になった(p122)

    ・生産拠点を東方へシフトしていく一方で、本社機能やR&D機能は西側シフト(ベルギー、オランダ、ドイツ、イギリス)となってる(p125)

    ・イタリアのおもしろい取り決めとして、どこで作ってもイタリアに持ち込んでパッケージ輸出すれば「イタリア製」と認めている(p127)

    ・2009年1月、ポルシェへVWの株式過半数を持って子会社化したとしたが、金融危機発生、ポルシェ本体の売上激減のため、2011年半ばまでに逆にVWのポルシェの完全統合となる予定(p131)

    ・マイクロソフトは、アメリカにおいては20年がかりの法廷闘争の結果、「ウィンドウズが排他的である」という闘争には勝ったが、EUでは負けて2000億円程払った(p137)

    ・日本企業は、国別に出荷価格を設定して国ごとに価格を変えていたが、これはEUやアメリカでは許されない、パイオニアは1979年に435万ユーロを課せられた、2年後のパナソニックは捜査協力をしたので10分の1(p142)

    ・2008年に松下がパナソニックというブランド名に変えたのは、国によってブランドが違うことによる混乱を収めるため(p145)

    ・欧州で成功する可能性が高いのは、完成品メーカよりも、矢崎やイビテンのような部品メーカ(p159)

    ・ドイツで太陽光発電が広まったのは、政府が多額の予算をとって補助金をだしてきたから(p162)

    ・円キャリー取引が縮小される過程では、為替市場での円買いが増えて、円高圧力となった(p169)

    ・現在中国では、大都市部での人件費は月額300ドルの賃金水準、2008年から施行された中華人民共和国労働契約法下で解雇が非常に難しくなってきた(p187)

    ・ロシアが国外に売る天然ガスの価格には4段階ある、1)西欧諸国向け(最も高い)、2)旧ソ連のCIS諸国(半額)、3)バルト3国(1と2の間)、4)ウクライナとベルラーシ(3より少し安め)である(p223)

    ・ヨーロッパにはデンマークやスウェーデンのように法人税率が高い国もあるが、持株会社にはほとんど税率がかからないといった抜け道もある(p244)

  • ギリシャ問題で揺れるEU。そもそも経済格差がある国々が一緒になることに無理がある、という論調も最近は聞かれるが、本書を読んで認識を改めた。このような短期的な危機は繰り返される可能性はあるが、長期的にみたら、EUという塊が経済圏として、また政治的安定をもたらすものとして、世界の中でなんと大きな存在感を持っていることか。最終的にはロシアをも含めることを意図しているというEU。もしそうなったら日本にとっても隣国となることを考えると、EUとの付き合い方はもっと真剣に考えるべきだろう。
    また、最近はTPPの議論が高まっているが、EUのような大きな経済圏と比較して考えると、日本が単独で生き残る道は、大局的にはやはり自由貿易圏に参加することなのではないかと思う。現在の日本は内向きで、どことなく孤立化の道を選択し続けているようにも見える。経済はやはりグローバルな視点でも考えなければいけないとあらためて認識。

  • ここにレビューを記入してください

  • 内容自体は他のメディアなどでも見ていたが、まとまっていてわかりやすい。
    今後のEUの動向や付き合い方を考えるにはとても参考になる。

  • 私も、日本として魅力のあるマーケットはEUだと思います(サービス以外は)

    特に最近ギリシャの債務超過の話題がホットだから興味深かった。

    自分はオーストリアに1年住んでいて、ドイツ系思考に触れる機会が多かったから、
    特にトルコ人に対しては(低賃金労働者の流入で自国の失業者を増やすという観点から)一種の差別意識みたいなものを植えつけられた気がします。
    一方で、トルコ人っていうのは本当に日本人と似ていて、他のヨーロッパ人がWe Europeansという認識の元Uniteしようとしているのに対して、「トルコ人」という枠から外れられない人が多い。

    「日本人としての~」「トルコ人としての~」ではなく、「私として」というのが本当は先にくるべきものなのだろうけど、相手を”自分とは違う人・理解してくれない人”と無意識に認識してしまうと、
    (私はこんな大きなコミュニティに属していてね、そこでは普通なんだけど、)「日本人としては、こうしたい」
    とかいう発想になってしまうのだろうな、と思ってる。

    特に、EUの法律の授業のときに、
    キプロスの話題になったとき、トルコ人きまずそうだったな。。
    ギリシャ人ってキプロスのこと、あまり自分の島って認識していないけど、
    トルコ人って(当たり前かもしれないけど)キプロスに希望を託しているから凄く意識している。

    そんな昔の記憶がよみがえった本w

  • 世界を米国中心で見てしまう事を反省。まさにボーダーレスなEUは日本の島国的考え方からすれば、教訓となる所が多い気がする。しかもボーダーレスでありながら自分達のアイデンティティーは失わない。こういう話を知ると日本はまだまだ鎖国の国なのではと思ってしまう。移民の受け入れすら十分でなく、人口減少、GDP減少、1500兆円の金融資産をかかえながら、その金が市場に出てこない。

  • EUの強さ=ユーロの強さだと思う。

    厳しい条件(マーストリヒト条約)を守り続けているからこそ、ユーロの信頼は揺るぎないものが“あった”。(今はないのか。。。w?)

    上手に東欧などをEUに取り込んで、EU域内での経済を強くしようとする方向性は間違ってないと思うけど、今後も一枚岩でやっていけるかの一番の課題は「イスラム教国家」を取り組むかどうかの判断にかかっていると思う。

    トルコなんかを上手にEUと融合させることができれば、この本で主張していることはもっと真実味が持てる気がする。。。と書いているときにギリシャの財政赤字が問題視されているけど(笑)

  • ウクライナやブルガリア、クロアチア、トルコなどに関する記述がとても参考になった。

  • 国家と国家をつなぐ超国家という概念。EUの試みは人類の英知を結集した偉大なる社会実験であるという点、非常に興味深く感じた。ギリシャの問題でEUはその真価をまさに問われているが、この問題を乗り越えるなかで、一層EUの連帯がつよくなるのでは。今こそEUは”買い”だと思う。

全13件中 1 - 10件を表示

衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生のその他の作品

大前研一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
大前 研一
大前 研一 船川...
大前 研一
大前 研一
デール カーネギ...
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生を本棚に登録しているひと

ツイートする