学校勝ちぬき戦 実験対決1 酸性・アルカリ性の対決 (かがくるBOOK―実験対決シリーズ 明日は実験王)

著者 : ゴムドリCO.
制作 : 洪鐘賢 
  • 朝日新聞出版 (2010年10月7日発売)
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 52人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023308503

学校勝ちぬき戦 実験対決1 酸性・アルカリ性の対決 (かがくるBOOK―実験対決シリーズ 明日は実験王)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラベルと中身が違う薬品とか怖すぎる。そりゃ滅茶苦茶じゃないかと激怒するよ。
    しかし何より気になるのは、太陽小学校のゴルフのショットの仕方。どんなスタイルなんだあれ。
    色々理系じゃない部分が気になる本ではありますが、楽しく読めるのならいいのかもしれません。

  • (2017-07-01)

  • [江東区図書館]

    プレジデントファミリー(2013.12)で知った本。理科が苦手な子にもオススメなシリーズ。
    〜〜〜
    サバイバルシリーズから「かがくるBOOK」、「ゴムドリco.」と知ってこのシリーズに行き当たったけど、いざ調べてみると、上記のように既にプレジデントファミリーでも紹介されていたんだわ(笑)

    サバイバルシリーズに比べてやや上級生向けかなと思って、サバイバルシリーズを読破したら借りようと思っていたけれど、大分サバイバルシリーズも読破してきてしまったし、たまたま読んだ19巻で「面白いからもっと読みたい」となったので、こちらも読書開始。こちらはシリーズで話が繋がっているから、順に1巻から読まないと!

    酸やアルカリの判別法はもちろん知ってる!と思っていたけれど、自分自身、リトマス紙での判定法しか知らなかったことを実感。そっかー、他にも色々判別方法やら試薬などもあるわけね、そして当たり前なんだけど試薬ごとに結果も違うから覚えなくてはならない、と。きっとまだまだ理解しきれていないだろうけど既に耳に入れている酸やアルカリという言葉、そして判別方法がいくつかあるということだけでも覚えてほしいな。

    また最初に課題として出された、各種薬品の判別方法、、、、おーい、それぞれの液体名からどういう薬品なのか、全てはわからないよーー。きっとちゃんと読みこもうと思ったら、高校生?でも得るところがある内容だな。

  • 子供が何回でも読みたがります。
    マンガで理科の勉強(#^.^#)

  • この本を読むと、風邪などにかかりにくくなるかも!予防のしかたが楽しくわかる!

  • この本は、とても面白いよ~

全6件中 1 - 6件を表示

ゴムドリCO.の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

学校勝ちぬき戦 実験対決1 酸性・アルカリ性の対決 (かがくるBOOK―実験対決シリーズ 明日は実験王)はこんな本です

ツイートする