プロが教える「30年価値の落ちない」家選び

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023308619

作品紹介・あらすじ

不動産選びでもっとも重要なのは「資産性を保てるかどうか」!金融・不動産のプロである著者が、30年後も資産価値を保てる家の選び方の知識とコツを紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 通常の住宅取得本とは一線を画し、「価値の落ちない家」の選び方に集中した本。
    そのため、「住みやすさ」とか「満足度」といったものは横においておき、とにかく「価値の落ちない」=中古で売れる家の選び方に力点を置いて説明がされている。
    話の中心は、「新築は七難隠す。中古になったときに自分がほしいかどうかが『価値が落ちない』かどうかの判断基準」といったことにある。
    このため、「個性的な家」にはダメ出しをし、とにかく「没個性」な家をすすめる。

    タイトルとおりではあるのだが、これから家を建てようかと考えている自分にとっては少々夢が無く、ピンと来ない部分が多かった。

    以下は参考になった部分の引用。
    --------------
    価値の落ちない土地は、今のイメージが悪くならない土地。
    建築協定や、建築制限は今のイメージを壊さないという点でプラスに働く。
    新興住宅地は評価が固まっていないので資産価値は変動しやすい。
    注文住宅では特に、特殊な家になりやすいので注意。
    私道はトラブルの元。
    接道している道路幅は4m必要。さもないとセットバックで無駄を生じる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

金融アナリスト:愛知県出身。一橋大学経済学部卒業。主として外資系金融機関を中心にクレジット投資とストラクチャード・ファイナンス関連の業務に長く従事。執筆・講演活動のほか、金融教育の分野にも強い関心をもつ。「実践ストラクチャード・ファイナンス」「ファイナンスの実務と法」(ともに中央経済社)といった専門書のほか、「女房を質に入れるといくらになるのか」「キャッシュ・フロー計算書逆引き会計術」(ともに扶桑社)、「[決定版]わかる!使える!経営分析の基本」「財務諸表解読ハンドブック」(ともにPHP研究所)などの一般向け会計解説書など、著書多数。

「2014年 『法律家のための会計入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プロが教える「30年価値の落ちない」家選びのその他の作品

永野良佑の作品

ツイートする