ブライアン・トレーシー「ベストリーダーの極意」

制作 : 日暮雅通 
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023308701

作品紹介・あらすじ

すぐれたリーダーは7つの特性を備えている!生き残れるのは変化に対応できた者だけだ!52ヵ国・1000社以上でのコンサルタント経験にもとづく「リーダー原論」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リーダー本の中で最高。
    リーダーに必要な物、目標設定が重要

  • リーダーとはどういう人を指すのか。
    役割というより、人柄や人格みたいなもの。

    ものすごーく、理想的な人格を示すので、自分ごときがリーダーを目指していいものか少し不安になった。
    だけど、目指すしかないんだよね。

  • リーダーの役割、あるべき姿が網羅されている。結果を出すためにはどのような習慣、姿勢、考え方が有効なのかもたくさん書かれている。

    行き詰まったり、自分を見直したい時に良い指針を与えてくれる本ではないだろうか。

  • リーダーに必要とされる素養について種々記述されている。
    書いてあることはどれも正しいし、必要なことばかりだと感じる。
    残念ながら、自分の周りにはこのような素晴らしい上司は少ない。

    しかし、あまりに網羅的に記述されているため、
    結局何が一番大切であるのか分かりにくい。
    ボリューム的にも、本書の半分で済むのではないかと思える位、
    似た内容も多く感じた。


    とは言え、マネジメントする立場の人が、今自身が悩んでいることに対して、
    その解決策の一助とすべく、当該パートだけを読むような読み方が適している気がする。

    漫然と読んでしまうと何も残らない。

  • 世界で最も有名なビジネス書作家の最新作。世界52カ国・1000社以上でのコンサルタント経験を持つ著者が、競争が激化する世界で成果をあげているリーダーに共通する能力と能力を分析。昨今の厳しい経済情勢の中で、成功を持続するにはどうすればよいのか? リーダーには7つの基本的な責務がある。「危機」を「機会」に変えるために、リーダーが成すべきことが明らかになる!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ブライアン・トレーシー

米国でもっとも著名なスピーカー、トレーナーコンサルタント。人材養成ビジネス会社、BRIAN TRACY INTERNATIONAL INCの会長兼CEO。
20代は不遇の貧乏生活を送るが、セールスマンとして頭角を現し、億万長者となった。現在は世界85ヶ国以上30種類以上の事業を手掛け、IBM,モービル、バンクオブアメリカ、クライスラー、コカコーラなどを始め、超有名企業200社以上に関わる。彼のプログラムは55ヶ国において500万人以上が受講する記録的大ヒットとなった。
また、講演家にとって名誉ある、アメリカ4000人の講演家で構成される「National-Speakers Association」の5大スピーカーの1人として選ばれ、現在ではトップ4%で構成されている殿堂入りも果たしている(ロナルド・レーガン元大統領も殿堂中の1人)。
主な著書に『カエルを食べてしまえ!』(ダイヤモンド社)『大切なことだけやりなさい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

「2018年 『極度集中 世界500万人が支持する最強の自己啓発入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブライアン・トレーシーの作品

ブライアン・トレーシー「ベストリーダーの極意」を本棚に登録しているひと

ツイートする