1ドル50円時代を生き抜く日本経済

著者 : 浜矩子
  • 朝日新聞出版 (2011年1月20日発売)
2.79
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • 61人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023308848

作品紹介

現在の円高は急速なドル安が原因であるが、2011年にはさらなるドル暴落が予想される。"超円高ニッポン"によるデフレ化、産業の空洞化、地方経済の停滞などを改善する施策を、今最も注目されるエコノミストが鋭く説く。

1ドル50円時代を生き抜く日本経済の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4023308846
    ── 浜 矩子《1ドル50円時代を生き抜く日本経済 20110120 朝日新聞出版》
     
    …… 1ドル 50円になると思いますか?
    http://q.hatena.ne.jp/1319523646#a1111797(No.3 20111025 18:15:21)
     対ドル円レート ~ 限りなく一円に近づくダラー ~
     
    2013/11/25 14:19 311res 691res/h 9.5% ▽ 【経済】
    同志社の浜矩子教授「アベノミクスはアホを超えてドアホノミクス」
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385356742/-100
     
    (20131125)
     

  • (「BOOK」データベースより)
    現在の円高は急速なドル安が原因であるが、2011年にはさらなるドル暴落が予想される。“超円高ニッポン”によるデフレ化、産業の空洞化、地方経済の停滞などを改善する施策を、今最も注目されるエコノミストが鋭く説く。

  • 請求記号:338.95/Ham
    資料ID:50059560
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 為替の問題は、総合問題やから難しいね。

  • 基軸通貨ドルの終焉は、その基軸通貨成立の時点から始まっていた。これは止められるものではない。ならば反対概念として高くなる円を受け入れて、これを積極的に利用しようということ。ありがちな話で少々退屈ではあった。

  • 何とも冴えない日本経済も資産ストックの観点から見れば、まだまだ安定感がある。何と言っても世界の中では押しも押されもせぬ債権大国。世界を振り回した円は、基軸通貨とまではいかないまでも闇将軍的な意味合いにおいて、疑似基軸通貨といってもよい影響力を行使した。円高は日本経済が成熟してきた結果であり、当然の帰結である。この円高環境に日本経済の構造を適合させていくことこそが賢明な生き方である。ところが、日本はプラザ合意を契機に通貨的太平の眠りから目を覚ますべきであったにもかかわらず、金融大緩和という強力な眠り薬を自らに投与することにより目覚めることを拒否してしまった。これがため、新型デフレという高いツケを払わされる羽目にまで陥ってしまった。先進成熟経済大国となっている日本が高度成長と同じ集権的管理のメカニズムで回しているのだ。古い枠組みで新しい展開に対応しようとしてもミスマッチがある限り次の新天地にはどうしようも辿り着けない。パックス誰それの時代は終わっており、今やグローバル無極化通貨時代。行き詰ったときは、これまでの状況と全く逆のイメージで考える正反対アプローチが肝要。産業空洞化問題が重くのしかかる日本経済の重圧をはねのけるには、去る者追わず来る者拒まずの愛嬌と度胸の心意気が欠かせない。切れ味鋭い巧みなレトリックで著者は円高こそ変革のチャンスと訴える。具体的提言にまでは至っていないものの、示唆に富んだ警句が随所にちりばめられており、学ぶべき点、多々あり非常に勉強になった。

  • この本をどうレビューしようか、と思いあぐねているうちに時間が経ってしまった。そこで、同志社大ビジネス研究科のHPを覗いてみると・・・

    「経済の世界は謎解きの世界です。極上のミステリーのように筋書きが展開し、鋭利な知性による探求が真相をつきとめるのです。(以下略)」

    浜さんは経済学をこういう風に捉えていたのか、と知ってこの本にも合点がいった。経済学に答えはない。通説に依っていては浜さんのような主張は理解できない。真理かどうかはともかく、経済の森羅万象を考えるネタとしては面白い。

    今から1年以上前、震災より前に上梓された本だから、1年経って浜さんの主張を検証できる時期にきている。ドルは75円までの円高が進行し、ユーロは最悪の1年を過ごした。「50円」というのは比喩であって予想値ではないということだから、この点で筆者のストーリーはある程度的を射ていたと言える。円高でなくドル安、と捉えた慧眼にも一目置きたい。

    しかし、地域通貨とか共生とかいう今後の日本の政治経済への提言の方はどうだろう。一時ユーロに話を戻すと、ギリシャ=大阪府という比喩を設定するとわかりやすい。ギリシャは普通ならデフォルト⇒通貨下落⇒輸出振興という道筋で復活するところだが、通貨統合してしまっているので機能しない。これは首都圏に比べ地盤沈下している関西圏にも言えることで、たとえば関西とか北海道とかが独自通貨を持てるなら、東京円対比で通貨が下落し、人件費の安さと相まって工場立地が進み、現在よりも景気が良くなるかもしれない。しかし、こんなことは思考実験に過ぎず、現実的な政策解にはならない。

    浜さんは統合こそ素晴らしい、競争こそ未来を拓く、という考え方に異を唱える。対極があることは選択肢があることにつながり、資本主義の未来のためにもなる。しかし、この本はまだ政策提言にはなっていない。競争至上主義の対抗軸をどう形成するのか、政権交代してもなかなか姿を現さないことへのもどかしさが、この本の読後感と同じであることに気付いた。

  • 最近の出来事や現状をわかりやすく分析してくれている。しかし、そこから導かれる将来予測には説得力がなかった。基軸通貨について、これからは無軸通貨時代という見方。円高はチャンスであるという章。プラザ合意後に円高による景気悪化懸念を強く持ちすぎて、マネーをじゃぶじゃぶにした結果が失われた20年を招いた、そのときに前川レポートに従った抜本的構造改革ができればよかったという点と、それが結果論でしかなく現実的ではなかったという点も納得。95年以降の円高について、日本人は「泣き面にハチ」と思ったが、あのとき海外進出を進めることができて、その後のグローバル化への対応がすすんだという点もわかる。そして今もそのチャンスだというのもわかる。
    は以前よりは小さくなったというのもわかる。また海外進出のおかげで今の円高の経済のインパクトは小さくなった。しかし、その結果、製造業の国内の比重が低下し、雇用が悪化した。360円から80円に円高になる過程で日本が飛躍的に豊かになったことは確かだ。という点に、そんな乱暴な話があるかと思った。まあ、円高でもこの世の終わりではないということだというが。そこからの議論にはちょっとついていけないなと思った。

  • 県立図書館。

  • ―――「ドル安」の条件はかなり以前から整っていた、けれど世界中がドル安を認めないまま、今まで来た。理由は各国それぞれに違うものの、ドル安になっては困るという国々が、ドルが下がらないよう維持してきたからだ―――
    なるほど、腑に落ちました。

全13件中 1 - 10件を表示

1ドル50円時代を生き抜く日本経済のその他の作品

浜矩子の作品

1ドル50円時代を生き抜く日本経済はこんな本です

ツイートする