贖罪

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.56
  • (3)
  • (5)
  • (31)
  • (17)
  • (12)
本棚登録 : 155
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023308879

作品紹介・あらすじ

のりピーの誕生から転落まで、ありのままに語った初の自叙伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 興味本位で、酒井法子の「贖罪」を読んでみた。その興味とは、事実がどうとか、事件の是非、出版のタイミングとかそういうことではなく、「彼女がどのように共感を形成しようとしているのか」という、危機管理広報的な視点においてである。

    告白本の構成としては、ごくノーマルなものになっていると思う。Before/Afterの直接的な転機となった出来事を最初にもってきて、Before→Afterを時系列に並べるという順番だ。下記の各章の切り出し、締めの一文を読めば、大体の内容は把握できるのではないだろうか。

    ◆各章における、文章の切り出しと締めの一文
    第一章:逃亡
    ・二〇〇九年八月二日午後十一時過ぎ。夫の携帯から着信があった。
    ・向かった先は、わたし自身の「逮捕」という厳しい現実である。
    第二章:転落
    ・八月八日、土曜日の夜。わたしたちを乗せた車は、マスコミが殺到しているという渋谷警察署を避けて、東京都文京区にある警視庁富坂庁舎へと入って行った。
    ・「のりピー」と一緒に生きてきた時代が、今日で終焉を迎えたのだと実感していた。
    第三章:出自
    ・わたしは福岡の病院で生まれた。
    ・十二月八日に、お母さんとふたりで飛行機に乗った。福岡を飛び立って、羽田に降り立った。とても寒い日のことだった。
    第四章:萌芽
    ・一九八六年二月十四日。十五歳になる誕生日を、東京のアパートの一室で迎えた。
    ・わたしは父親に対して、ありがとうと心から感謝している。
    第五章:開花
    ・十四歳で上京してから高校を卒業するまでの三年あまりは、ただ夢中で突っ走る日々だった。
    ・わたしの人生は、二十代の後半へと突入していった。
    第六章:家族
    ・一九九七年の夏。独り身となったわたしは、少しずつ自由な時間を楽しむようになり、芸能界の中で、同世代の友だちを意識し始めた。
    ・薬物が目の前に出現したのは、その矢先のことだった。
    第七章:薬物
    ・自宅の居室の戸を開いたときに、コソコソと隠れるように何か作業をしている夫を見つけた。
    ・でないと、今は気づいていない本当に大切なものを失い、死ぬほど後悔する日が必ず訪れるから。
    第八章:再生
    ・二〇〇九年九月十七日。保釈後の記者会見を終えてから、わたしは東京都内の病院に入院した。
    ・この本がひとつの贖罪となって、わたし自身が生まれ変わるきっかけになれば、と心から願ってる。

    ◆本書に見られる共感形成のテクニック
    1:核心となるポイントには概ね触れられている。ただし、プラスイメージの話、マイナスイメージの話を一対で入れるなど、情報配置を慎重に行っている
    ・逃亡した理由について語る際には、息子の話、母親の病気の話で十分に下地を作ったのちに、薬を抜きたかったという本音を漏らしている。
    ・奄美大島における薬物使用の供述に時間がかかったことについて、息子の”家族の思い出”を汚したくなかったと述べている。
    ・警察で働く個々人に対しては良い印象を語りながら、組織に対しては不満を述べている。例:「絶対に漏れないから、信用して話しなさい」と言われて供述した内容が、数日後の新聞に載っているのは本当に不思議だった。
    ・薬物使用のきっかけについては、夫に勧められたという事実をリアリティを持って描写したのち、だけど悪いのは私という文脈でしめている。
    2:薬物使用のシーンに触れる際には、最大限イメージに配慮している
    ・「この繰り返しによって常習性が備わるのかもしれない」、「常習性や依存性があったと言われても仕方のない状態だった。」等、あえて客観的、推測調で語ることにより、負のイメージを極力排除している。
    ・薬物使用後の様子について、「わたしの場合は、夢中で家事にのめりこんだ。」と、あくまでも家庭的なイメージの方向へ話をつなげている。
    3:家族愛という簡単には否定しがたいことを、テーマに設定している。
    全編を通して、家族愛という万人にとって否定しがたいものをテーマに構成されている。子供時代の複雑な家庭環境を十分に語ることが、大人になってから薬物を使用した要因が”家族関係”にあると説明するための、布石になっている。また、途中アイドル期の話を盛り込むことで、読み手自身に、その事実の因果関係をつなげさせるような設計にもなっている。
    4:表紙のデザイン、出版社の選定
    白を基調としたイメージ、凛とした雰囲気を出すことで清潔感を演出している。また、新聞社を母体とする出版社を選定しているのも興味深い事実である。

    光の当て方を変えることにより、事実の解釈は変化する。そして、それを一概に嘘と断定することは難しい。賛否の声もあると思うが、さまざま憶測が生んだことのダメージを考えると、注目度が高いうちに自分名義で情報発信することは戦略として正解であろう。また、自分の棚卸し、客観視ができるようになるというのは、社会復帰への必要なステップなのではないかと思う。

    そういった意味で、贖罪とはこの本に書かれている内容ではなく、この本を書くプロセスの中にあったのではないだろうか。

  • 幼少期から覚せい剤所持、現在に至るまでの坂井法子の自叙伝。

    タレント本のランキング1位ということで気になって購入。売り切れの店舗が多く、4件目の本屋でようやく置いてあった。

    何で覚せい剤をやってしまったのか。と誰もが疑問に思うがこの人の場合は「夫との共通意識を持てる何か」が始まりだったようだ。自分の理想の夫婦と掛け離れ次第に距離間が出来てしまった時に埋めてくれたものが書覚せい剤だった。と本著で述べている。
    共通意識を持ちたいというのが分からなくはないけれど手段を間違えてしまった。芸能人であるがゆえなかなか普通の人と同じような解決法を見いだせなかったのだろうけどね、それに幼少期の家庭も結構複雑で母親が何回も変わったりとしてるみたいだし。のりぴーを演じてた頃はずいぶんいつまでも女子中学生みたいじゃいられないと葛藤してたみたいだし(でもそれは乗り越えたみたいね)

    ただこの贖罪を書いたからには覚せい剤は2度とやらないでほしい。
    また、もう少し赤裸々に深いところまで話してほしかったのと、これからの事がほとんど未定と言われていたので自分が社会に向けて何が出来るかをしっかりと考えてほしい。そして出来ればそれは芸能界じゃない事を願ってる。


    cf 偉そうにレビューを書きましたが、こういう著名な人がもう一度再起して、例えば福祉だったり薬物防止のPR活動だったりをホントに真摯にし続けたりすれば、社会に大きな良いインパクトを与えられるんじゃないかなと思います。言葉に深みが出ますものね。

  • 贖罪というには相応しくない内容。ただの伝記で、罪滅ぼしをなにでしたのか全くわからない。甘すぎます。
    芸能人だから…と言われても仕方ないし、他の同業者が同じように見られるのであればかわいそう。

  • 2010年8月に逮捕されて、その年の12月にこの本を出版か。本人が書いたにしてはちょっと早すぎるような気もする。口述執筆だったのかな。

    酒井法子さんが行方不明になったときのニュースはよく覚えている。
    ひたちなかの夏フェスから帰ってきて、何日からゴロゴロしていたらテレビはこのニュースばかりになっていた。「のりピーはクスリを抜くために逃げ回っているのでは」「自殺してしまうのではないか」と色んな推測が飛び交っていた。本当にそうなのかはわからないけれど、その間に酒井さんが何をしていたかが書いてあった。芸能人パワーってすごい、の一言に尽きる。

    幼少時代やスターへの階段を上っていくを語ってくれたのは面白かった。
    自分はのりピーのキャピキャピアイドル時代を知らない。だから、現在自分が好きなアイドルや芸能人たちに重ねながら読んだ。テレビやパソコンで輝く芸能人のみなさんも同じ人間なのだな。

    先日、発売された私立恵比寿中学のニューアルバムのリード曲はユニコーンの阿部義晴さんによるものだった。のりピーのアルバムにも阿部義晴さんの曲が入っていた。すごいな阿部さん。

  • 【贖罪】と書かれているんだから、やっぱり元夫が逮捕されてから数日間の行方不明は、結局【逃亡】だったんだよね。

     罪を償って復帰する芸能人は多いけど、彼女の場合はあまり復帰してからも目立った活動は・・・

     立ち直る姿を応援しようと思っていたファンは失望した方は多いと思う。複雑な家庭環境もあると思うが、この本を出さなかったほうがよかったのかもしれない。

     福祉系の学校はどうなったのであろうか?口だけではこれからも、全盛期のようなマスコミ露出は見られないかもしれない。

  • 酒井法子の自伝。のりピーは元気なアイドルという感じだったけど実際は深い闇をかかえていたんだと思った。わりときちんとしているが、薬物のところになると曖昧さが残り残念。本人が書くのなら本当のことをさらけ出してほしかった。

  • 生まれてから中学まで育ての親が4回くらい代わる。本当の父親は特殊な仕事をしていた!?
    のりPかわいいなー。

  • けっこう固い文章なのが意外だった。ほんとうはすごく賢い人なのかもしれないな……。絶対同じ過ちを繰り返さないでほしいと思うのみ。

  • 大半の部分は、読んでいて不愉快になってくる。
    自分と自分が守りたいと思っている人に不都合な部分は
    「本当に思いだせない」などと逃げるだけ。

    自分の功績は自分のおかげ、
    自分のマイナス点はパートナーのせい。
    典型的な身勝手オンナの言い分であることに
    著者本人は気付いていない模様。

    拘置所でも特別扱い。
    何から何まで周りが手を差しのべてくれる、
    そんな星の下に生まれた人。

    唯一の救いが
    本当にわが子に対して申し訳ないと思っていると
    みてとれること。

  • どうでもいい

全42件中 1 - 10件を表示

贖罪のその他の作品

贖罪 Kindle版 贖罪 酒井法子

酒井法子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする