丸の内朝大学 内藤忍の「マネーの教科書」

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.16
  • (1)
  • (10)
  • (14)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 92
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023309326

作品紹介・あらすじ

「朝活」の代名詞となっている丸の内朝大学の人気講座を再現!日本人はなぜお金との付き合いが下手なのか?お金の体質改善とは?投資とギャンブルの違いは?預金だけではなぜいけない?老後に必要なのはいくら?お金を殖やす五つの原則とは?どうすればお金を殖やし続けられる?お金から自由になるには?お金についての知識がない人でも大丈夫。お金との賢い付き合い方が身につきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 投資本。読みやすかったけど、そんなに具体的な話はなかった印象。
    長期投資だとなぜリスクが低くなるのかは書いておいてほしかった(普通に考えたら、直近より数年先の未来のほうが見えないのだからリスク高そうな気も)。
    それにしても、カジノって結構返金率高いんだなと。宝くじが一番低いのは知ってたけど。そういや、パチンコは出玉規制がどうのってこないだニュースになってたっけ。返金率高いほうが意外と問題なのかも。

  • 毒領事館:2時間6分

    お金の勉強。図書館で借りたが、期限内に読み切れなかったため、返却。

    バランスシートの考え方が新鮮だった。お金は全て国債に流れているということが分かった。

    【読書ノート】丸の内朝大学 内藤忍の「マネーの教科書」
    http://www.nonai-install.com/entry/2014/02/01/212817

  • こういう本に書いてある内容は大体同じ。予想通りの内容。
    丸の内朝大学に行ってみたい。朝活したい。

  • 投資本の入門用です。
    入門用として読むには読みやすいし、お金に対する考え方、投資する意味などベースとなるものを学べると思います。さらっと、読めるところもいいところ。

    ただし、入門用なのでこのような本を何冊もよんでる人、具体的な投資法等知りたい人には物足りないと感じると思います。

  • 役にたつが内容が少し薄い気がする。同じ作者なら資産設計塾のほうがよい。

  • 貯金ではなく投資をしようと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ。東京大学経済学部卒、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院(スローン・スクール・オブ・マネジメント)修士課程卒(MBA)。大手信託銀行、外資系資産運用会社勤務を経て、1999年にマネックス証券株式会社の創業に参加。同社は、東証一部上場企業となる。その後、マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社代表取締役社長、株式会社マネックス・ユニバーシティ代表取締役社長などを経て、株式会社資産デザイン研究所を設立し、代表取締役社長就任。一般社団法人海外資産運用教育協会の代表理事も務める。

「2018年 『絶対に損をしたくない人のための仮想通貨投資入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸の内朝大学 内藤忍の「マネーの教科書」のその他の作品

内藤忍の作品

ツイートする