「変える」は会社の毎日のお仕事 成功し続ける企業のリブランディング戦略

  • 朝日新聞出版 (2011年11月4日発売)
2.71
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (6)
  • (2)
  • 60人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023309685

作品紹介

なぜ、あの会社は変わったのか?企業のブランドイメージを、時代と市場に合わせて再構築・再定義する「リブランディング」のノウハウを国内外の企業の実例を交えて説く。

「変える」は会社の毎日のお仕事 成功し続ける企業のリブランディング戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リブランディングするには?

    →リブランディングとは新しい顧客づくりのこと
    リブランディングの前に不変部と可変部を見極める
    ブランドを育てていくうえで対内的なコミュニケーションが必要
    情報が多い時代には、絞り込むほどブランドは研ぎ澄まされていく

  • ブランディングについての書籍です。

    実践、理論を軸にした書籍が好みなせいか、あまり吸収できたという実感は起きませんでした。

    読むフェーズやポジションというのがあるのかもしれませんが。
    あまりお勧めはしません。

  • =「最も強いものが生き残るのではなく、最も賢いものが
    生き延びるのでもない。唯一生き残るのは“変化できる
    もの”である。」はチャールズ・ダーウインの言葉とされている。

    時代の流れを止めることは、だれにとっても容易なこと
    ではありません。だから、注力すべきは「自分たちの
    ビジネスを時代にフィットさせること」です。

    リブランディングや、リポジショニングは、毎日すべき仕事です。
    商売が行き詰ってから、はじめて考えるのでは遅すぎます。

    ~商品が生まれたとき、それはまだブランドではなく、
    単なるモノでしかありません。たとえ、それに素敵なネーミング
    やデザインの良いパッケージがついていたとしても、それは
    ブランドではないのです。

    その商品がブランドになるのは、それがお客さまにとって
    「意味」を持った時です。

    お客様がその商品に託された意味に夢を抱き、創造性を
    刺激され「その世界観を本気で手に入れたい」とワクワク
    したとき、はじめてそれはブランドと呼べるものになります。
    「単なるビジネス」と「パワーブランド(優れた強いブランド)」
    の分岐点は、ここにあります。

    だから、私たちは講演やコンサルティングを通じて、
    よくこう尋ねます。
    「あなたの会社で買う意味は何ですか?」と。

    ~言い換えるならば、お客様があなたの会社を利用する
    ときに感じる「これで私も○○側の人たちに仲間入り」という
    世界観のようなものがありますか?そのことに顧客は
    ワクワクできますか?

    ここは極めて大切なので、もう一度繰り返します。

    ブランドになるためには、お客様がその商品やサービスに
    「意味」を感じることが大切です。=

    かなり耳に痛い話でした。ブランドは会社ではなく
    お客様がつくるものということですね・・・

    新たにリポジショニングしたいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

村尾隆介の作品

「変える」は会社の毎日のお仕事 成功し続ける企業のリブランディング戦略はこんな本です

「変える」は会社の毎日のお仕事 成功し続ける企業のリブランディング戦略を本棚に登録しているひと

ツイートする