学校勝ちぬき戦 実験対決⑥ 環境の対決 (かがくるBOOK―実験対決シリーズ 明日は実験王)

著者 :
制作 : 洪鐘賢 
  • 朝日新聞出版
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023310070

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [江戸川区図書館]

    プレジデントファミリー(2013.12)で知った本。理科が苦手な子にもオススメなシリーズ。
    〜〜〜
    2016年にも、サバイバルシリーズから「かがくるBOOK」、「ゴムドリco.」と辿ってこのシリーズに行き当たったけど、その際には5巻で断念。当時は江東区にしかなかったこのシリーズを江戸川区でも見かけるようになり、4年で理社も本格化する年となって、改めて読ませてみたら、、、良かった、はまってくれた!

    6巻は環境の対決、となっていて、水の蒸留方法、酸性雨による植物や建築物への被害、動物の行動様式(野生の傷ついたガンを保護して群れに返す)、土の分析などが書いてあった。特に面白かったのは、帰納法と演繹法の説明をしながら土の分析方法を考えていたところ。きっと説明自体読み流しているか、読んでいても全く理解できていないんだろうけど、こういう"論理的思考"に関する過程も面白いよなー。

  • それを飲むのはお薦めしない…。
    蒸留水は体に良くないって言ったばかりだし、なにより、実験器具はそれほどきれいじゃないから、蒸留して混ざりけがなくなった水に、さっそく実験器具から色々溶け込んでますよ?
    実際小学校で同じ実験して、飲んでみましょうって言われて飲んだらとんでもないゴムの味でびっくりしたことがあります。あれは器具のゴム管の味…。

    ちょくちょく、それでいいのかよ!?みたいなところあるなあ、このシリーズ。

全2件中 1 - 2件を表示

ゴムドリco.の作品

ツイートする