朝日おとなの学びなおし 法学 キーワード3つでわかる 民法 (朝日おとなの学びなおし―法学)

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023310100

作品紹介・あらすじ

1000条を超える民法。その迷路に惑うことなく、民法って何なのか、そのエッセンスを1冊に凝縮。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 算数で言うところの四則演算の基礎を語ってくれる書物。民法を学ぶためのきっかけ作りには良いと思います。

    ただし、法律はどこまでいっても概念でしかないので、具体的な判例と照らし合わせながら勉強していくことが重要だと思います。

    算数も結局はたくさん問題を解いた人が得意だったりしますよね。

  • 民法初めての人にはわかりやすいのでは?

  • 権利の主体が権利の客体を支配する縦の関係が物権。誰に対しても権利を主張できる。これに対して債権は権利の主体と権利の主体が横の関係にあり、特定の人に対してのみ特定の権利が主張できる。表示意思と表示行為のずれ。物件法定主義。債権の契約自由の原則。所有権の取得時効。・・・・・主体、客体、関係性の3つをキーワードとして平易な言葉で民法の基本を解説する。基本と言いながら結構ハッとさせられた。緻密なバランスをもって考えに考え抜かれた民法の条文に魅せられた。

全3件中 1 - 3件を表示

朝日おとなの学びなおし 法学 キーワード3つでわかる 民法 (朝日おとなの学びなおし―法学)のその他の作品

荘司雅彦の作品

ツイートする