ラム・ダイアリー

制作 : 中江昌彦 
  • 朝日新聞出版
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023310773

作品紹介・あらすじ

ラム酒にひたってすごしたプエルトリコでの新聞記者時代。ゴンゾ(無頼派)ジャーナリストとして今なおカリスマ的人気を誇るハンター・S・トンプソン。夏のプエルトリコを舞台に描く、ジャーナリズム界のロックスターの自伝的青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏に読むのがよろしい一冊。
    熱っぽい空気と人間のエネルギーを感じる青春小説。
    こういう生き方に憧れつつも、何故か印象に残らず。
    ただ、終わり方は嫌いじゃなかった。旅気分。

  • 衝動のツケは高く積み上げられ、怠惰がズルズルと払いを後回しにして引き延ばし、やがて面倒を前に人は情熱を失う。然し、時に前触れもなく若さの残滓が頭上にちらついて、頭では狂気としか名付けようの無いものと知りつつも、それが余りにも懐かしく、眩しく。手を伸ばしてはいけない、と、破滅を回避する為に、彼は星を睨んで、酒を飲む。

全2件中 1 - 2件を表示

ハンター・S・トンプソンの作品

ツイートする