毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.48
  • (42)
  • (105)
  • (113)
  • (30)
  • (8)
本棚登録 : 718
レビュー : 152
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023310810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サブタイトル:木嶋佳苗100日裁判傍聴記。前の「別海から来た女」より断然面白かった。読みやすかった。別海・・・はやっぱ書き方が汚かったよな。しかし、同世代の木嶋佳苗がこんなに稼げたとは。いつからこんなに嘘をつくようになったのか。昔からなのか。控訴して、このあとどうなるのか。筆者が繰り返し、男女が逆だったらどうだったか、と書いてるのか印象的。ほんと、女がぶさいくな男に騙されたとしたら、自業自得だと書かれるんじゃなかろうか。しかし、返す返すも、こんなやすやすとお金を出す人がいるんだろうか、と思ってしまう。実際に出してるんだけどさ。

  • 木嶋佳苗が眉目秀麗であったら、素晴らしいプロポーションの持ち主だったら、あるいは男性が女性に結婚を仄めかして金銭を受け取り、練炭で殺害したと嫌疑がかかったのだとしたら、一連の事件、裁判はこれほどまでに話題にならなかったに違いない。
    それこそが著者が感じ続ける違和感の正体だ。
    結婚観、ジェンダー、金…
    個人が抱いている概念が男女間、世代間でこれほどまでにちがうのだ、と見せつける裁判記録。

  • ノンフィクションなので「面白い」と言っては語弊があるけど
    検察側、原告、裁判官、傍聴者、全ての人が木嶋佳苗の法廷での態度、発言に驚き 翻弄された様子にすっかり冒頭から惹きこまれた。

    確たる証拠がないにしても 状況証拠が揃いすぎているにもかかわらず
    法廷での木嶋佳苗は全くオドオドとしたところがなく堂々と持論を展開している。
    その“持論”がかなり無理があり、常軌を逸しているとしか思えないんだけど それを“正論”だと思わせるような説得力があるのが佳苗だ。
    髪の毛を綺麗に巻いていたり オシャレな洋服に身を包み 法廷に現れ 奔放に振舞う佳苗。すっかり一人舞台ではないか。。。
    ひたすら突っ走る佳苗を誰も止められないのかと思うと
    ここまでの度胸に恐れ入ってしまう。
    騙された何人もの男性たちはそういう佳苗ワールドに惹きこまれてしまったのだろうか?そう考えるととても怖い。
    2度ほど傍聴を経験したことがある私。
    ここまで凶悪事件ではなかったけど 厳粛な空気が漂うはずの法廷内であるはず。
    恥しげもなくむしろ自慢げに自身の性体験を語る佳苗の様子に
    驚く北原さんの気持ちがよく分かる。

    木嶋佳苗、ビジュアルはそれほどでもなかったかもしれないけれど
    これほど人を惹きつける話し方や雰囲気を持っている上に
    とてもアクティブでさまざまなことに挑戦する身軽さ。
    北原さんによると声がかわいらしく さまざまな所作が優雅で見とれるほどらしい。しかも頭の回転も早い。
    天賦の才と言ってもいい。こういうものってやろうと思ってやれるものではない。
    違う方面で発揮できていれば また違う佳苗の人生が待っていただろうにと思って止まない。

  • 図書館で予約、しばらく待ってようやく借りて読みました。
    すぐにレビューしようと思ったけど忘れてしまってた・・・。

    一読後の感想。
    被害者が、睡眠薬飲まされたけど彼女(被告)が犯人とは思えないから
    試しにもう一度ホテル行きませんか
    のくだりが・・・
    あまりにもあまりにも
    滑稽かつ男女の違いで言葉を失ったという点。笑
    (読んだその時は、んなわけないだろ!もう一度行こうって!と思わずつっこんだ)

    全体的にさらさら~と読めるけど、読みながら色んな視点を持つと
    見方が変わって面白い。

    被告ってどんな女性だったんだろっていう興味とセックス感、
    裁判で男女関係があらわになるって痛いなーという作家への共感
    男性側に立った婚活・・・等々。

    深く考えれば考えるほど、不思議な事件。

  • ずらっと予約がつくような本かと思ったら、図書室で空いていたので借りてみた(私が借りたあとで、ぱたぱたと予約がついたようだ)。「ブックマーク」つくって発送がすんだ晩に、読む。サブタイトルにあるように、被告人・木嶋佳苗さんの100日にわたった裁判員裁判の傍聴記である。「できるだけ法廷の空気や、佳苗の様子を書いていくことを心がけた」というように、証人の言葉遣い、検事や弁護士の立ち居振る舞い、佳苗の服装や表情が、傍聴する北原自身の感想とともに記されている。

    裁判を傍聴した著者の北原みのりは、「木嶋佳苗という女が、全く全く全く、分からなかったから」事件に興味をもったのだという。これまで女性の犯罪者には、どこかで(同じ状況だったら私も同じことをしたかもしれない)という想像ができたし、どこかで共感や同情がもてたけれど、木嶋佳苗に対しては、そういう感情が一切持てなかった、こんなことは初めてだった、というのだ。

    ▼分からないからこそ、彼女を知りたいと思った。なぜなら、時代と社会の空気と無関係な犯罪なんて、ないから。彼女の事件から見えてくるのが、女と男とセックスの問題ならば、なぜこんな事件が起きたのかを知りたい、知らなくちゃという思いになったから。(p.6)

    そして北原は、裁判を傍聴しながら、「毒婦と呼ばれた女とは何か」を考えていく。毒婦、セックスを利用し男たちを陥れる女、という含みのある言葉。だが、女性の犯罪者に「毒婦」と貼り付けながらも、北原が書くように、女に対するダブルスタンダードはずっとある。「女は、毒婦のように魅力的であれ、しかし毒婦にはなるなと、言われ続けているようなものだ。」(p.198)

    木嶋佳苗は、3件の殺人、3件の詐欺、3件の詐欺未遂、1件の窃盗で起訴され、3件の殺人については無罪を主張、詐欺については一部を認め、窃盗は否認していた。

    証言台に立つ男性たちの話を聞き、その言葉をメモに取りながら、何かが引っかかる…と北原は思う。そして、ある日の公判が終わって、傍聴に来ていた若い女性の会話に、そうだと気づく。「中出しは言われたままにするのに、結婚は親に反対されたからダメだなんておかしいよ!」(p.54) その言葉に、北原はどこに引っかかるのかを書く。男性たちの「ブスな姉ちゃん」という言葉が、「セックスをしたがらないから信用した」という言葉が、引っかかる。

    ▼女はとっくに白馬の王子なんて、この国にいないことを知っているというのに。それなのに、男は婚活サイトというシビアな市場を利用しながらも、のんきにカボチャの馬車に乗った姫が、自分の目の前に現れるとでも思っているの? お姫様にあげるガラスの靴すら持っていないというのに。(p.55)

    そして、男性たちの証言を聞きながら、「もし、これが男女逆だったら?」と北原の頭には浮かぶ。佳苗のやったこと、男性たちのやったことを聞きながら、女と男の非対称性に改めて気づかされると北原は書く。
    ▼初対面の男とホテルに行く女性や、男の家にすぐあがる女性や、婚活サイトで男を探す女に、世間は"ピュア"と言うだろうか。ラブホテルで睡眠薬を飲まされた女を"純情"と言うだろうか。「被害者にも落ち度があった」という聞き慣れた言葉がもっと飛び交うんじゃないか。(p.74)

    なぜか男たちがやったことは、"ピュア"で"純情"だといわれるのだ。「被害者に落ち度があった」と言いたいわけではないが、おそらく同じことを女がやったら、かなりの割合でそう言われるだろう、と私も思う。

    北原は裁判と同時に、佳苗の周辺を取材し、そこから見えてくるのは「佳苗が、ある面では非常に凡庸な女であったことだ」という。

    ▼母との関係に悩み、近代的な父の矛盾に引き裂かれ、欲望を抑えられず、ブランドで飾り立てずにはいられない虚栄心を抱え、強烈な自己顕示欲をもてあまし、男にいらだつ。佳苗が自慢する男性関係だって、その価値は凡庸だ。…
     男からは金を得る。その対価として女は"愛"を与える。そんな風に考える女は、いくらだっている。…佳苗を、佳苗の愛や男性観故に毒婦というのなら、たいていの女は毒婦であろう。…
     佳苗はこの社会にいきる多くの女と同様に、凡庸に引き裂かれてもいた。(pp.199-200)

     佳苗は、…自分の「女としての価値」を最大限に利用し、男たちと交渉し続けた。「結婚詐欺」という昔ながらの詐欺にもかかわらず、この事件が「新しかった」のは、佳苗の背後に佳苗に似た女の子たちが、たくさんたくさんたくさんいたからだ。殺人は別として、佳苗の男への苛立ち、佳苗の男へのドライさは、ある世代の女ならば誰もが共有する感覚である。(p.203)

    この北原の本を読んで思ったことは、「ある面で非常に凡庸」という佳苗の愛とかセックスの問題は、たしかに古くて新しいということ。

    金銭的な生活の支えの要求と、その見返りとしての愛情表現─結婚が"永久就職"だとか女の食っていく手段だというのと地続きだという意味では、佳苗の言動は何も珍しくない。今だって、婚活だの相手探しだのをしようという人に求められるのは、男なら安定した収入だが、女には明示的に求められるものはほとんどない(女の学歴が高すぎるとか背が高すぎるのは、かえって疎まれるという)。佳苗の言動に新しさがあったとすれば、「私は、セックスがいいのだ」とハッキリ言えることではないかと思う。

    佳苗の、お金で満たした欲望や消費は、私にはあまりよくわからない。でも、佳苗のいだいた男への苛立ちは、私もわかる気がする。

    (8/26了)

  •  ブスのくせに「女」を武器にして「ふつうの」結婚観をもった「ピュアな」男性たちを次々とくいものにした、と、男中心の社会規範に訴えるマスコミや検察がつくりだした佳苗像、しかしその公式な物語において語られない側面を敏感に嗅ぎつけて傍聴に通った若い女性たち。この事件と、その語られ方は、たしかに日本の社会における男性と女性とのいびつな関係性を見事に露わにした出来事であった。
     この傍聴記は「女性の視点から書かれたもの」と呼ばれたという。それだけ、世の中にあふれた語り口は圧倒的に男性視点であったということだ。
     この事件について知れば知るほどに、あの東電OL事件が対として思いだされる。あの事件もまた、世間が安心して受け入れられる女性規範から大きく逸脱するものであったが、被害者は徹底的に男の視点によって裁かれ辱められた。だが佳苗の犯罪は、いかに男たちが「ブス」と罵ろうと、彼らの物語によって領有されない得体の知れなさをもっている。
     筆者が書いているように、本書を読む限り、佳苗に「同じ女として」共感できる部分はほとんど見いだせない。にも関わらず、あたかも女に期待される矛盾した役割や規範を、矛盾のままに実体化してみせたモンスターのように見えてくるのであり、それこそが女たちをひきつけてやまない理由なのかもしれない。男たちがいかに否認しようと、このモンスターがまさにわれわれの落とし子であることを、矛盾した役割期待を日々生き抜く女たちはもっとも深く理解しているのだ。

  • 私もこの事件について「なんでこんなブスに」と思っていた一人だった。
    被害者達はみな佳苗に恋をしていた。
    微笑んでいるような死に顔の被害者さえいたのだ。

    一方、佳苗が被害者達に抱いていた感情はどんなだったのだろうか。
    佳苗はプライドが高く他者からの同情を許さない。
    法廷で一切動揺を見せず、誰も信じない様な証言を堂々と言ってのけ、検事をも嘲笑う。
    そんな佳苗に被害者達はどう見えていただろうか。
    出会い系サイトで結婚にカボチャの馬車に乗って現れるシンデレラを夢見る男達。
    ホテルで睡眠薬を飲まされ意識を失っても、再び確かめるようにホテルへ行く男達。
    もし男女逆転して考えてみるなら作者の言うように、「婦人科へ行って二度と会わない、女にとってはそのくらいのこと」なのに。
    「男は、とても安全な世界で生きているのだな」と言う言葉に私は大きく共感してしまうのだ。
    そんな彼らに佳苗が抱いていたのは侮蔑だろうか、それとも憐れみだろうか、それとも…。

    最初から最後まで一貫して女性目線て書かれた本書は事件を通して、佳苗が「女」である事と、佳苗自身が自分が「女」である事をどう考えていたのだろうという事をとても考えさせられた。

    ただ、人殺しはいけません!!

    〈図書館本 2012/8/14〉

  • 佐野眞一さんの本がどこか消化不良だったので、女性はこの事件をどう見たのかを知りたくて手に取った。言い方は不謹慎だけど面白かった。

    佐野版が事件の背景を社会や国家の在り様を切り口に紐解いたとしたら、この人のは「男と女」。男性社会の中の私(女)たち、という感じ。大上段に振りかぶらない言葉は、佐野版よりも腑に落ちた。それは自分がやはり女性だから?

    もし木嶋が美人だったら。この事件の犯人と被害者の男女が逆だったら。何をどう裁かれ、何をどう騒がれたろう。「男目線」が支配する、ほぼ男ばかりの法廷で、マスコミで。事件自体の異様さはもちろん、この事件に関して私がもやもやしてたことの一つはそこだったんだと分かった。

    結局、核心を語らないまま結審した裁判。2冊の傍聴記と木嶋の手記を読んでみて、あぁそうか、この事件は佳苗の佳苗による佳苗のための佳苗劇場だったんだ、と思った。控訴審で何か明らかになるのか。この人は、これからも虚像の自分を発信し続けるんだろう。

    佐野さんと北原さんに共通した木嶋や事件に対する考察もあった。興味深かったのは、この事件が「怨恨や血のにおいがまったくしない」(佐野)「全くといっていいほど、凄惨な暴力の匂いがしなかった」(北原)という点。この不可解さがまた異様さの一つ。人間って分からない。

  • 事件の概要しか知らなかった人には目新しい傍聴記かもしれないが、事件発覚当初から、周囲にドン引きされるレベルでこの事件の虜になっていた者にとっては、物足りないことこの上ない。

  • おもしろかったですよ。

    世間を騒がせていた記憶はあるが、その詳細はこの本ではじめて知った。
    下手な小説よりも不思議でおもしろいです。
    この事件、殺人さえなければ、普通のお水のおね
    えさんのお仕事ですよね。
    「今まで女性経験が少ないので、簡単に信用して多額のお金をすぐに出したが、別れ際を知らないので眠らせたの。今までしたことのない経験をさせてあげて、幸せにしてあげた対価よ」という佳苗の鈴を転がす美声が聞こえてきそうです。
    被害者は「お金と結婚&体の関係を交換しましょう」という申し出に簡単にうなずいた方達ですし。これ以外の被害者は本当にいなかったのでしょうか?
    しかし、本人は殺人を認めていないし、こんな状況証拠だけで判決がでるものなのか??と不安になる。
    読みながらいろいろなことを思います。


    被害者と木嶋佳苗の性別が違っていたら、この事件はどのように報道されたのだろうか。あんな女性が
    あんな男性が。。
    どちらも絵にならないと思われるから話題になったのでしょうかね

全152件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に『毒婦。』、『奥さまは愛国』『性と国家』(共著)など多数。

「2017年 『日本のフェミニズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記のその他の作品

北原みのりの作品

ツイートする