ソニーとアップル 2大ブランドの次なるステージ

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (6)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 77
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311084

作品紹介・あらすじ

ソニーは起死回生なるか?アップルはさらなる成長を遂げられるのか?「売れる企業」「売れるブランド」とは何か?2社のモノづくりや経営戦略などを、過去から現在に至るまで俯瞰して徹底的に検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012年の作品、この頃はまだ、ソニーとアップルが並び称されていたっけかな、と思ってしまうくらい、現在の差は大きい。すでにソニーは電気製品よりも素材や金融ビジネスが中心となっているし。

    過去に背負った資産(コンテンツ)が重荷になって、オープンなプラットフォームモデルを採用できなかったこと、事業部制の弊害で、アップルのような統一的なサービスを構築できなかったこと等、敗因はいくつかあろう。それにしても、昨今の日本の電機メーカーのここまでの凋落を誰が予想したか。。

  • 相手をいかに出し抜き、新しいルールを作り、特別な商品を作るかぎ非凡な尊敬される会社になるための方法

  • SONY読むならこっちから やらなくても読んでもいいかも暇だったら ちょっと面白そう

  • ソニーもアップルもだいすきな会社です。持つこと自体に喜びを感じます。かっこよさ、最先端、高性能といったイメージがあります。
    私もメーカー勤務なのですが、両社にはなかなか真似できないパワーがあると思います。
    ちょっとした違い、体験へのこだわりをもてるかなんだろうな。

  • 地元の図書館で読む。

  • 飛行機でたくさん本が読めました。
    企業の栄枯盛衰は、非常に面白く感慨深いですね。メカトロニクスからエレクトロニクス、多角経営であるが故のしがらみ、歴史を振り返るといろいろ分かります。
    ソニー復活望んでます。

  •  普段からソニー、アップルを追っかけている人には目新しいことはありません。
     「第4章 売る」という部分で流通関連の部分が媒体では触れないことが多いので、興味深いと思います。突っ込み足りない部分もありますが…
     著者のソニー愛が出てますね(^^;

  • No.493

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。
得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、アエラ、週刊朝日、週刊現代、週刊東洋経済、GetNavi、DIME、日経トレンディ、 AV Watchi、ASCIIi.jp、マイコミジャーナルなどに寄稿する他、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。
小寺信良氏と共同でメールマガジン「小寺・西田の『金曜ランチビュッフェ』」を毎週金曜発刊。同メルマガは、単品版としてKindleでも金曜夕方以降に配信中。

「2018年 『ミライのつくり方2020―2045 僕がVRに賭けるわけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ソニーとアップル 2大ブランドの次なるステージのその他の作品

西田宗千佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
ブラッド・ストー...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ソニーとアップル 2大ブランドの次なるステージを本棚に登録しているひと

ツイートする