学校勝ち抜き戦 実験対決9 天気の対決 (かがくるBOOK―実験対決シリーズ 明日は実験王)

著者 :
制作 : 洪鐘賢 
  • 朝日新聞出版
4.60
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311244

作品紹介・あらすじ

次々に事件が起きる、緊張の全国実験大会初戦。あかつき小実験クラブは、全国大会の最初の関門を通過出来るのか?ドイツに戻ることになったセナは全国大会が始まる前日、ラニの元を訪れ仲直りのプレゼントを渡す。ついに全国実験大会初戦の日になり、あかつき小実験クラブはパンディ率いるパダ小学校実験クラブと、熱の移動をテーマに実験対決を繰り広げることになる。だが、大会会場に掛かってきた1本の電話で、予想もしなかった状況が起こり…。雲の種類とできる仕組み、大気圧と風の原理、目で見る気圧差の実験、地球放射平衡の実験、簡易温度計作り、季節風の対流実験などを通じて天気の仕組みを楽しく学びましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [江戸川区図書館]

    プレジデントファミリー(2013.12)で知った本。理科が苦手な子にもオススメなシリーズ。
    〜〜〜
    2016年にも、サバイバルシリーズから「かがくるBOOK」、「ゴムドリco.」と辿ってこのシリーズに行き当たったけど、その際には5巻で断念。当時は江東区にしかなかったこのシリーズを江戸川区でも見かけるようになり、4年で理社も本格化する年となって、改めて読ませてみたら、、、良かった、はまってくれた!

    9巻は天気の対決、となっていて、いよいよ実験対決も全国大会の舞台へ!シリーズとしては勝ち続けないと話が続かないから勝つんだろう、と思いつつも、どんなテーマでどんな実験を思いついてくるのかの予想もたたない上に、色々と事件も起こるので、毎回ハラハラ。実験のテーマは「熱の移動」で温度計が欲しいところなのに相手チームに全部使われて既になかったり、ラニが事前に実験テーマを知っていたという疑いがかかったり!でもこの巻では最初の方でエリックが解説してくれた実験が一番印象的だったみたい。水の入ったコップに紙をあてて、逆さにしても紙が落ちずに水がこぼれないというもの。簡単だけど、私でも不思議に思ってしまう。大気圧、わかって(知って)いるつもりでやはりわかっていないことばかり、と思い知らされる。後でやってみよう。

  • あれは一体どんな傘だ…。
    貰いものでもなんでも、ポケットのチェックはしっかりね。

  • 2016.2 市立図書館 息子小1

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする