女の子の未来が輝く子育て 娘も親も幸せになる7つのレッスン

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.22
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311275

作品紹介・あらすじ

その愛情が伝わらないのはもったいない。28歳のゴールに目を向けた、「親子のコミュニケーション」とは?子育ての"答え"ではなく、問題の対処方法を考える力がつく7つのレッスン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「28歳」を仕事、結婚、出産等ターニングポイントを迎える年齢と仮設定して、そこから逆算して子の導きかたをアドバイスする内容。
    思春期、反抗期がメイン。
    十代を共に過ごす友人や環境は、子の思考習慣の癖や人格形成のベースになるというのは実感をもって同意、むしろ確信。
    その時の親としての子への向き合い方、コミュニケーションの取り方は戦術的。「子供(常に複数のプロジェクトを抱える花形職、組織のコアミッション)サポートするバックオフィスのプロフェッショナル職」と見なすとやりがいがある。
    改めて、肌と肌を合わせて毎日ハグしてギューして一緒に遊んであげられるのは幼少期の今だけなんだな。ほんと限られた時間。

  • 図書館

全2件中 1 - 2件を表示

女の子の未来が輝く子育て 娘も親も幸せになる7つのレッスンのその他の作品

漆紫穂子の作品

ツイートする