東京大学総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座編 水の日本地図 水が映す人と自然

  • 朝日新聞出版 (2012年11月20日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311367

東京大学総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座編 水の日本地図 水が映す人と自然の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB10986285

  • 日本の水について、1.飲み水、2.田畑を潤す水、3.水がもたらすことのある災害の大きく3つに分けた切り口で解説している。
    毎日あるのが当たり前になっている上水から下水、そして川や海。
    水が豊富な国と言われる日本だから、みなあまり意識をしていないと思う。
    でも、この水を守り、豊かな水の国であり続けたいと思った。

  • 雨,下水,豪雨,災害の統計が見やすい図表と共にまとめられている。現在,水問題を考えているのだが,アイデアにつまったときにページを開いて図表を眺めている。

  • 水という切り口から日本の人と自然を読み解くことを目的として、水に関する各種データを日本地図として収録。全41枚の地図や各種図、文章を通して日本の水の実態を俯瞰的に知ることができます。

  • 【新刊情報】水の日本地図 517/ト http://tinyurl.com/ac5c8oc 居住地によって違う水道料金、水のおいしさ、安全な水の供給、発電と消費地、水害常習地区など、日本各地を「水」をキーワードに多角的に分析。水の恵みと災いの実態を地図やデータを用いて示す #安城

全5件中 1 - 5件を表示

村上道夫の作品

東京大学総括プロジェクト機構「水の知」(サントリー)総括寄付講座編 水の日本地図 水が映す人と自然はこんな本です

ツイートする