こんな社長がいてくれたら! 社長あるある リーダー98人の意外な共通点

著者 : 夏目幸明
  • 朝日新聞出版 (2013年2月20日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311640

作品紹介

会社を"しあわせ"にするリーダーの条件!大企業のサラリーマン社長からベンチャー企業の創業社長まで、98人の社長の分類学-できる社長たちの思考法・仕事哲学から行動パターンまで、その裏に隠された「ビジネスの成功法則」を徹底分析。

こんな社長がいてくれたら! 社長あるある リーダー98人の意外な共通点の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • LINEから三菱地所まで、様々な会社や社長が登場するので、その中から一つでも「へえー」と思えるもの、関心がもてるものに出会えればラッキー。残念ながら、自分には何の広がりももたらしてくれませんでした。
    98人もの社長を230ページに収めているので内容が薄くなってしまうのは仕方ないが、インタビューから得られた“社長あるある”をひたすら繰り返してるだけではね・・・1000回もの取材を重ねたというが、なんかもったいない印象。
    ビジネス経験もないジャーナリストがもつ視点ってそんなもんだなと。ビジネス成功のエッセンスなんかはこの本からは期待できない。
    全体の構成が単調なので飽きてしまい、内容も薄っぺらいことに気がつくと、途中からななめ読みして終わらせてしまいました。

  • 経済ジャーナリストによる社長インタビュー集。
    広く浅く、さまざまなタイプの社長の考え方を集める。


    ○どんな場面でも、ボクは「勝ち負け」をつけるようにしているんだ。「今日の打ち合わせはボクの勝ち」とかな。それはなぜか?忘れるな!人生は常に真剣勝負なんだ。

    ○上司部下の関係でも、会社の配属でも、それこそ配偶者でも、完璧、100点という良縁などはない。残りは自分で埋めるのだ。

    ○一日一回「ラッキー」と言うようにしている。私はツイている。ありがたい。そう思うと、本当にツキや感謝すべきことが舞い込んでくる。


    ○一度、一生懸命働いてみなよ。辞めるのはいつでもできるから。

    ○とにかく、人の倍仕事をすればなんとかなる。


    ○もし、目の前に5つの選択肢があったとする。その中には正解と不正解とがある。しかし、必ず正解を引く方法がある。そのすべてを5倍のスピードで試すこと。

    ○人生二勝一敗。全勝をめざすと、どこかにひずみが出る。


    ○部下一人ひとりがいろんな機能を持った文房具。のりもあればハサミもある。すると、上司は鉛筆立てのような存在であるのが一番いい。人を活かして活かされる。


    ○我が我がの「我」を捨てて、おかげおかげの「下」で暮らせ フマキラー 木下


    ○速さは誠意だ。

    ○仕事に優先順位はあまりつけない。先に何をやるかを考える時間が惜しいので、目に付いた順に処理。処理のスピードさえ速ければ問題は起きない。あとでやろうと考えて忘れてしまうほうがリスク。

    ○人は自分が信じたいことを喜んで信じる カエサル

    ○見直しが苦手→集中力を高める。目の前のことに集中。見直さなくても良くなる。

全2件中 1 - 2件を表示

こんな社長がいてくれたら! 社長あるある リーダー98人の意外な共通点のその他の作品

夏目幸明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハロルド・ジェニ...
スティーブ・シー...
佐々木 圭一
ビジャイ・ゴビン...
チャールズ・デュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

こんな社長がいてくれたら! 社長あるある リーダー98人の意外な共通点はこんな本です

ツイートする