ビジュアル・ミーティング 予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術

制作 : 監訳:堀 公俊  株式会社トライローグ 
  • 朝日新聞出版
3.22
  • (2)
  • (9)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 167
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023311763

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経営】アップル社のリーダーシップ教育に携わるなど、多様な変革プロジェクトを支援してきたコンサルタントが明かす、アイデアと実践を生み出す会議の秘訣! 会議内容を「見える化」するファシリテーション・グラフィックの第一人者が解説する会議手法の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 意思決定のプロセスが載ってるのがすごい。
    1.取り組むことを想像する
    2.信頼しあえる関係を築く
    3.智恵を結集して思考する
    4.成果に向けて行動する
    の4つに会議のながれがすっきり分類されてて、またすごい。

  • グラフィックファシリテーションやグラレコだけでなく、仕事や打合せをビジュアルを使って効率よく進めようとするときに参考になる本。試しにやって見る時に見ると参考になる教科書的な本。

  • 実践ありき。コアな思想を学ぶ本ではない。実際にやってみる段階でまた読みたい本。

  • 授業の参考に。とくに「cover story vision」をつくる、というのはやったことがなかったけど、とても効果的な予感。いつかやってみたい!

  • ファシリテーターとして必要なこと。
    数ある会議もので得られなかった、
    まとめの段階でのメタファーは参考になる。
    腑に落ちる、を目指す。

    棒人間にかわる星人間の書き方を学べただけでも価値あり。
    絵で表現したいものである

  • ワールドカフェや創造的な研修にはうってつけ

  • ミーティングの手法がたくさん。
    こんな研修やったなー。
    こんなに時間をとるミーティングはなかなかできないが手法を知ることは有益。
    欧米的手法。日本では打ち解けるのに時間がかかるから…

  • 自前で購入。新しい職場で実験してみるつもり。
    だったけど、新しい会議方法については、やはり好奇心の旺盛な人じゃないと食い付いてこない。
    そうでない人には面倒なものにしか見えないのか。
    新しい方法を導入する難しさを痛感。
    とってもいいもの、なんだけどなあ。。。

  • 系推薦図書 3系(情報・知能工学系)
    【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 809.6||SI

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=159099

  • 昼寝しつつごろごろ読了(75/100)
    時間が無かったのでななめ読み。
    実践編がもう少し詳しければよいのにのなーと。要再見。

全13件中 1 - 10件を表示

デビッド・シベットの作品

ビジュアル・ミーティング 予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術を本棚に登録しているひと

ツイートする