行正り香の はじめよう! ひとりごはん生活

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.58
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 85
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023312333

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンビニを活用、冷凍を活用、お店で買ってきたものを使おう!みたいなの嫌いじゃない。らくちん。目新しくはないが、庶民的でよかった。ただ、1番最初の料理からナンプラーが出てくる。持ってない……となり少しハードル高かいなとおもった。

  • 第一刷を購入しながらも、今更じっくり読んだ料理本。
    レシピもさることながら、ひとりで生きるためのヒントもたくさん入っていてエッセイ本としても十分楽しめます。
    しかもまたポジティブで、パリっぽくて非常に好み。
    2年前の私、センスいいじゃない。

    料理とかホームパーティとかここ数年はそんな言葉がとても好きです。

  • 2013/09

  • 食器や料理、文章はセンスがあっておしゃれ。でも料理本としては不向き、レシピの説明が足りなく作りにくい。

  • 目からうろこという感じのレシピは残念ながらなかった。むしろエッセイの部分のほうがおもしろっかった。おしゃれでありながら、いい意味で庶民的な感覚をもってはる人なんかな?と思わせる。

  • スーパーポシティブ。私も何か初めてみようかな。自分の殻を破りたくなった。自分を大事にするって素敵。まずは自分を愛さなきゃ。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1966年、福岡県生まれ。料理研究家。またアクティブラーニング教材「カラオケ!English」、キッズ無料サイト「なるほど!エージェンント」、アプリ「今夜の献立、どうしよう?」などを手がける株式会社REKIDS代表。
カリフォルニア大学バークレー校卒。帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍し、在職中から料理本を出版。著書は50冊以上。中国語版、韓国語版にも翻訳されている。2011年よりNHKワールド料理番組「Dining with the Chef」に出演。
主な著書に『19時から作るごはん』(講談社)、『肉の本』(扶桑社)、『行正り香のインテリア』(講談社)など。新橋ではステーキハウスFood/Daysを運営する。

行正り香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
三浦 しをん
飛田 和緒
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする