イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.55
  • (33)
  • (63)
  • (76)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 581
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023312548

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経営】スティーブ・ジョブズを超えた、いま全米で一番有名な男、イーロン・マスクの入門書。ITで起業、24歳で4億ドルを手にし、世界最速の電気自動車をつくり、世界最安のロケット打ち上げに成功。現在、人類火星移住計画(本気で)進行中。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近日本での知名度もあがってきたけど、やっぱイーロンすげえ。ジョブスもザッカーバーグも凄いんだろうけど、ちょっと偏った経営のせいか、自分の目標としたいか、尊敬できるかというと何かあんましっくりこなかったんだけど。

    でもこの人のことを知った時に「ああどうせやるならこういうことだよな」と素直に思えた。ビジョンのでかさとそこへの実行力がちょっと異次元。

    夢がある。

    あ。イーロンは凄いけどこの本はあんま凄くない。TEDのインタビュー見た方が全然いい。

    http://www.ted.com/talks/elon_musk_the_mind_behind_tesla_spacex_solarcity

  • 繧ゅ≧隱ー繧ゅ′遏・縺」縺ヲ縺?k繧、繝シ繝ュ繝ウ繝サ繝槭せ繧ッ縺ョ莨晁ィ倥?
    縺薙?譛ャ縺ョ縺?>縺ィ縺薙m縺ッ豺。縲?→繝槭せ繧ッ豌上?逕滓カッ縺ィ莠区・ュ繧定ソス縺」縺ヲ縺?▲縺溯ァ」隱ャ縺後⊇縺ィ繧薙←縺ァ螟峨↑諤昴>蜈・繧後′縺ェ縺?→縺薙m縺?縲
    繝槭せ繧ッ豌上↓縺、縺?※縺ッ濶イ縲?→遏・繧翫◆縺??縺ァ鬘樊嶌繧りェュ繧薙〒縺?%縺?▲縺ィ縲

  • "地球の人口は増え続け、地球環境は人間の生活から破壊され続けている。
    人類を救うために、火星に移住することを真剣に考えている人がいる。
    人類を火星に運び生活できる環境を整えるために、宇宙開発を進めている。
    その間に地球が破壊されないために、石油燃料を使わずに生活する一助として電気自動車を開発。
    スペースX社、テスラモーター社がそれにあたる。
    今後もイーロン・マスクさんの活躍を応援したいと思う。"

  • 電気自動車テスラモーターズの経営者はペイパル創業者でありロケット会社スペースXの経営者でもある。現役経営者に関する書籍の場合、刊行後の業績により内容の価値が変わる事もあるがここまでの業績だけをとっても氏が稀有なイノベーターであることに疑いはない。が、書籍としては取材ではなく伝聞による記述が多い点、自身の専門の自動車業界に関わる記述が表層的な点は残念。

  • 『太陽光発電とともに電気自動車を普及させることは、この地球を石油依存から脱却させ、気候変動に対処し、火星への移住を実現する時間を稼ぎ出すことになる』
    P.210

  • テスラのロードスターを始めて実物が走っているのを見た時は、「かっこいい」という単純な感想を持ち、モデルSの車内に乗りドアノブ不在のドアや巨大タッチパネルなどを見た時、「自動車メーカーとは思えない」という感想を持ったことを記憶している。

    そして現在は、「自動運転」というキーワードにおいて間違いなく最先端を走っている。
    つい先日トヨタとも袂を分かったばかりだが、サプライヤにも超弩級のGPUメーカーを携え、きっと実現してくれるに違いない。と、思っている。

    とてつもなくハードワーカーらしいが、本書のような事業目線の切り口でなく、内面の切り口からイーロン・マスクを切るような本にも期待したい。

  • イーロン・マスクについて、お勉強。

  • 民間のロケット企業スペースX、電気自動車メーカーのテスラ・モーターズ、太陽光発電のソーラーシティを経営し、

    『人類を火星に送り届ける』

    そんな壮大過ぎるミッションに挑むイーロン・マスク氏の来歴をダイジェスト的に紹介した本です。氏が45歳とまだ若いこともあって、短時間でさらりと読める程度のものです。
    最近話題のイーロン・マスクってどんな人?という方で紙の本が良いという方にはおすすめです。
    一つ、流石カリスマ経営者だなと思う言葉がありました。二度目のロケット打ち上げが失敗した時、彼がマスコミに語った言葉です。

    「パーフェクトな一日じゃなかったが、素晴らしい一日だった。」

  • 【総合点】7.5/10点
     ホリエモンもリスペクトしているイーロン・マスク本。確かに人物的には凄まじいものがある。「人類に必要なのは地球の次に住むところ、火星だ!」という発想が凄いし、またそのための行動力も並外れたものがある。
     気になったのは作者がことあるごとにイーロン・マスクをヨイショするところ。ちょっとした崇拝臭を感じたのが気になった。ジョブズ本でも似たものを感じたことがある。作家の印象で評価落とすっていうのは何とも。

     イーロン・マスクは早熟の天才系なのだろう。子供の頃から物理学に傾倒。知識量も物凄そう。それは電気自動車、ロケットを作る際に存分に生かされることになる。まさしく点が線になった好例。

     ただ、僕としては「本当に火星はすぐ必要なの?」と思ってしまう。人口は確かに増え続けるとは思う。平均寿命も延びているし、今後も延び続けるだろう。しかもかなり加速度的に。
     それでもまだ相当に住むスペースはあるし、何より一定の少子化はあると思う。現在の日本が良い例。インドなんかの人口が増えているところももう少ししたら落ち着くのではないだろうか。
    JUGEMテーマ:読書
     家が小さい小さいと言われる日本ですら建ぺい率を考慮したらまだまだスペースは結構あるみたいだし、今後もっと建築技術が発達して田舎に巨大ビルが並ぶようになったら収容人数は相当増える。それを世界規模で考えたら、まだかなりの余裕はあるのではないだろうか。
     発想と行動力は素晴らしいけれど、火星は必須なものとしてではなく、宇宙旅行とか趣味程度で拡がりを見せるんじゃないだろうか。

     電気自動車も高性能リチウム電池と充電ステーションが一般化したら一気に普及する可能性を秘めているわけで、何もイーロン・マスクだけが頑張らなくても…という気がする。何というか背負いすぎ感がある。
     別に背負い込んでそれに打ち込むのは良いとして、気になるのは2回離婚しちゃってるところ。この辺はちょっと共感出来ないわ。そもそも、事業に全力を注ぎたいなら最初から結婚しなきゃいいのにって思ってしまう。逆に結婚するなら事業より家族大事にせんの?って思ってしまう。まぁこれは個々の価値観なんだろうけど。

     今はテクノロジーが指数関数的に成長しているところなので、イーロン・マスクが必死になる必要性が正直わからなかった。単に自分の夢の実現のため、というのであれば大いに結構。でも使命感背負って家族と別れてまでやるもんじゃないよなーと。

    【学び】
     ロケットの打ち上げ3回失敗っていうのは相当なプレッシャーだったと思う。ペテン師呼ばわりされても仕方がないかもしれない。それでも諦めずにやったのは凄いよね。

  • Good!

全74件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ビジネスコンサルタント。1957年生まれ。徳島大学大学院修了。米国ノースウェスタン大学で客員研究員として金属疲労を研究。松下電器産業(現・パナソニック)に入社。その後、アップルコンピュータ(現・アップル)に転職し、マーケティングに従事。2002年にビジネスコンサルティング事務所「オフィス・ケイ」代表。シリコンバレーのハイテク動静に精通。著書に、『スティーブ・ジョブズ vs ビル・ゲイツ』(PHPビジネス新書)、『まんがでわかる松下幸之助の人生を拓く教え』(宝島社)、『イーロン・マスク 破壊者か創造神か』(朝日文庫)ほか多数。

「2018年 『サイテーの偉人 スティーブ・ジョブズに学ぶ これからを生きる7つのレッスン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者のその他の作品

竹内一正の作品

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者を本棚に登録しているひと

ツイートする