究極のサバイバルテクニック

制作 : 伏見威蕃  田辺千幸 
  • 朝日新聞出版 (2014年4月18日発売)
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023312661

作品紹介・あらすじ

【芸術/スポーツ】ディスカバリーチャンネルで大人気! 英国陸軍特殊部隊(SAS)元隊員の冒険家ベア・グリルスが夏山、雪山、ジャングル、砂漠、海などの過酷な環境から生還する衝撃のサバイバル技術を公開する。英紙「サンデー・タイムズ」ベストセラー!

究極のサバイバルテクニックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「人類はあらゆる動植物を支配する立場をあたえられた」
    この一文だけでこの本が単なる注意・支援本でも、安っぽい自然礼讃本でもないことがわかる。インドアアウトドア問わず全ての人類におススメの一冊。

  • ブレディ・バー教授、あるいは今は亡きスティーヴ・アーウィン氏の後継? と言えるのかどうか分からないが、その筋では人気の著者による、バカバカしくも真面目な実用書? だ。
    あるいは、ベア・グリルス氏は日本でいうところの柘植久慶氏のような立ち位置なのか、それともテレンス・リー氏(これは酷いか)、もしくはジャンルこそ違えど林修先生のような? どうでもいいか。
    子供の頃に繰り返し読んだ西丸震哉氏のカッパ・ブックスだったかな、それをつい思い出してしまうような、私にとってノスタルジーの琴線に触れる一冊でもあった。

    普通に生活していればまず直面することはありえない極限の状況をいくつか想定し、その各々におけるサヴァイヴァル術を詳細に解説している、というのが主たる内容なのだが、はっきり言って我々がその真摯な説明文、あるいは分かりやすい図解を目にしても、それが果たして真っ当かつ効果的な対処なのかどうか、ブッ飛び過ぎていて判断しようがない。
    つまり、ほぼ応用する可能性はゼロ、とも言える特殊なハウトゥ本なわけだが、それが実に面白い。
    まさに理屈ではない、心の深奥に潜む幼稚な衝動を刺激されたかのような感覚を得た。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
リチャード・ドー...
トマ・ピケティ
エリック・ブリニ...
ヴィクトール・E...
シーナ・アイエン...
エラ・フランシス...
ジャレド・ダイア...
スティーブン・ピ...
有効な右矢印 無効な右矢印

究極のサバイバルテクニックはこんな本です

究極のサバイバルテクニックを本棚に登録しているひと

ツイートする