試験は暗記が9割

著者 : 碓井孝介
  • 朝日新聞出版 (2014年3月7日発売)
3.21
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023312777

作品紹介・あらすじ

コツさえわかれば、誰でも受かる!偏差値35から公認会計士試験を突破した実践!「記憶力を鍛える勉強法」

試験は暗記が9割の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗記法の紹介。単純に丸暗記するよりもずっとシステマチックな覚え方がずっと役立つ。
    ⒈普通の情報はインパクトをつけて覚える
    2.複数の情報はまとめて覚える
    3.膨大な情報は絞って覚える

  • 暗記=悪と言うイメージがある。それはつめこみで応用が利かないというイメージがあるからだが、実際は覚えていないと答えの道筋ずら出てこない。
    著者が誤解を恐れずに言うとと断っているが、「暗記をしているうちにわかってくる。」と言うのは質量転換と考えれば納得できる。

    伝えたい本質は正しいと思うが、ただ残念ながら、あまり読みやすいとは感じなかったし、暗記の方法もわかりにくかった。そこが非常に残念。

    暗記の鉄則
    1.普通の情報はインパクトを付けて覚える
    2.複数の情報はまとめて覚える
    3.膨大な情報を絞って覚える

  • 他にもあるような勉強における暗記本を寄せ集めたような感じ。真新しい内容があるわけではない。そういう意味では、他に似たような本を読んだことがあるのであれば、特に読まなくても良いかも。初めて読むような人にとっては、きちんとイチから説明がされているので、参考になることは多いと思う。読み手のレベルによって、感想が分かれてしまうかも・・・

  • 修了考査を受ける際に参考にした。それができれば苦労シないよなぁという内容。具体的な方法論が多く、参考にはなる。

  •  自分にとってはこの本が数多くの記憶本のなかではすっきりとした感じだった。

     覚えるための鉄則
     インパクトをつける
     複数はまとめて 膨大は絞って

     はっきり言えることはどんな記憶法でも自分に合ったやり方で自分がやりやすいようにやることが鉄則。

  • 2014/05/22
    自宅

  • 実は、和田秀樹さんの初期の著作の受験勉強本によく似た内容。やはり、系統立ててやったり、試験と同じ日程で勉強スケジュールを組んだりするのが大事。あとは、頭文字記憶などにも言及されており、勉強本のいいとこ取り、といった本。

  • 問題によって、暗記の仕方を変えるコトが必要な事である。確かに、論述の暗記は工夫が必要である。

  • ①24時間以内
    ②1週間後
    ③1ヵ月後
    1 忘れる前に覚え直す
    2 忘れてしまったことをインプットするときは、思い出すことに力を注ぐ
    3 思い出すことができなければ、覚えることに力を注ぐ

    ○制限時間を回数に応じて一割減らす。「時間がぎりぎり」という状態をキープする
    ○知識のドーナツ化をチェック
    ○過去問によって、出題される知識の深さと範囲を把握することで、勉強の中心軸をどこに据えるか確認する

  • この本を読んだからには、無駄を排して暗記に専念したい。限られた時間で合格するためには、それなりの覚悟と戦略が必要であり、ひとつひとつの努力に対してそれぞれ意義付けをして頑張りたい。

全11件中 1 - 10件を表示

試験は暗記が9割のその他の作品

試験は暗記が9割 Kindle版 試験は暗記が9割 碓井孝介

碓井孝介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
古川 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

試験は暗記が9割はこんな本です

試験は暗記が9割を本棚に登録しているひと

ツイートする