勝ち組投資家になりたいなら「統計」を読め! 「人口動態」から読む次世代投資

著者 : 平山賢一
  • 朝日新聞出版 (2014年3月20日発売)
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023312791

作品紹介

【社会科学/経済】投資先に迷ったら、「人口統計」を見よ。『2013年、インフレ到来』で予想を的中させたと金融界で話題の著者が、人口統計から社会の変化を読み取り、さまざまな国や産業の中から有望な投資先を見つけ出す資産運用のノウハウを伝授する。

勝ち組投資家になりたいなら「統計」を読め! 「人口動態」から読む次世代投資の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長期的な人口統計という、法則を抽出しやすく将来を予想しやすい道具を用いて投資に役立てていこうという本。考え方自体もよいが、意外な事実みたいなのもちらほら拾える。結論が絶対ではないとは言っているものの、そこの部分が少し賛同できないものがちらほら。

  • * 実質経済成長率=人口増加率+1人あたりの経済成長率
    * 1820年に10億人を超え,その後垂直に人口が増加.まったく時代が変わってしまったかのよう
    * 老齢人口んの増加で逆グレートローテーション(株式から債券へ)が進むことが予想される
    * 情報技術革命は生産性向上に貢献したが,2001年以降USでは1人あたり経済成長率が低下.情報革命は一部の人だけに浸透,もしくは将来に果実が得られるか
    * ローマクラブの報告「成長の限界」の著者の1人ヨルゲン・ランダースは著書2052で,2040年に81億人でピークと予測.20億人が貧困のままのため
    * グローバル化により国際経済の統合が進み平和協調の時代になるとインフレ圧力が弱まり,金融市場は安定化.一方ナショナリズムが強まり対立・戦争の時代になるとインフレ圧力が強まり金融市場は不安定化
    * 国内対立が高まるのは15-29歳の若者の男性人口が30%を超える.ユースバルジと呼ばれる

    * 社会全体の短期志向が強まれば,長期的視点で必要な資金が流れにくくなり,効率が悪化,無駄が多くなる
    * 現在はこの非効率が高まり,国家財政悪化・政治危機へ,の時期に相当.1930-1940に近い
    → 民間主導でイノベーションに移行

    * 1. 人口増加率が低下する中で人口ボーナス依存の限界を経験しつつあり,イノベーションに期待
    * 2. 生産年齢人口や消費年齢人口が増加している地域は偏在.しかしユーズバルジを抱える
    * 3. 世界の生産年齢人口比率は2013年にピークアウト.多消費年齢人口比率も2030年にピークアウト
    * 4. 中国の人口構成は生産年齢人口,多消費年齢人口比率とも低下期

    * 現在は多極化の時期.グローバル時代→国家統制が強化へ向かっている → 起業の利益率は低下

    * 今後コモディテイ価格より食製品,生活必需品,ヘルスケアサービスなど川下の消費財価格が上昇
    * 健康として目,呼吸器,腎臓,糖尿病が注目されるだろう

  • 実質経済成長率=人口増加率+一人当たり経済成長率。世界の人口増加率と経済の成長率には正比例の関係性を見出すことができる。世界の人口増加率のピークは1968年の2.1%。今から40年以上前に既に人口増加率は低下に転じている。人口増加率の向上が期待できなければ一人当たり経済成長率をあげるしか実質経済成長率の上昇は見込めない。これまで投資家たちは次世代のためにという利他の目線と行動でイノベーションを後押ししてきているという事実に着目し、本書ではこれらの産業に光を当て考察を施している。次世代のためのイノベーションが進展する可能性が高い産業として「成熟社会」「エネルギー・資源確保」「食品・水のサプライチェーン」を挙げている。それぞれについて投資家としての企業選択のポイントを斬新な目線で解説している。

  • 読了できず

全4件中 1 - 4件を表示

勝ち組投資家になりたいなら「統計」を読め! 「人口動態」から読む次世代投資のその他の作品

平山賢一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
トマ・ピケティ
ビジャイ・ゴビン...
有効な右矢印 無効な右矢印

勝ち組投資家になりたいなら「統計」を読め! 「人口動態」から読む次世代投資はこんな本です

ツイートする