発明対決1 磁力の発明 (かがくるBOOK―発明対決シリーズ)

著者 :
制作 : 洪鐘賢 
  • 朝日新聞出版
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023312982

作品紹介・あらすじ

【自然科学/自然科学総記】生活のなかの発明品を通じて創造的な思考を育てる"発明漫画"が誕生! 名門校、せり小学校の4人組が集結した発明クラブ。ところが人気者のテボムが突然クラブを辞めると宣言し……。マグネットクリーナーなど奇抜な発明品から、磁石の性質や原理に触れる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小一息子ドストライク!乾燥機能付きハンガーを発明するとかで意気込んでいるけど、更にどんな工夫があるのやら?

  • [江戸川区図書館]

    「サバイバルシリーズ」、「実験対決」と読み進んでいるところだけど、この「発明対決」なんてのもあるんだわ。そのうち読まなきゃ。。。
    見つけたのは2年前だったけれど、小4になって実験対決を本格的に読み始められた今年、やっとこちらにもたどり着けた。

    思っていた通り、実験対決に出てきたエリック似のテボムと、ウジュのような役どころなのにホン似のユハン。人を覚えるのが苦手な私、ごっちゃにならずに読めるかな。

    初巻であるこの本では、「磁力の発明」となっていて、アルミ缶とスチール缶の分別機を作る話だった。確か数年前に小5くらいの女児が夏休みの自由工作で自動分別機を作ったという話があったな。あれは確か、入れた直後の蓋裏とかに仕込んだ磁石で自動的に缶の落ちるルートを仕分ける作りだったはず。どこかネットに記事が残ってないか探してみよう。発明の過程で出てきた"サイクロイド"とその有用性、理解出来たのかな?

全2件中 1 - 2件を表示

ゴムドリco.の作品

ツイートする