ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポ

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.13
  • (1)
  • (5)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023313552

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学評論随筆その他】スクープ記者が60歳を超え、物忘れが多くなり、「ボケの始まりか」と不安になった。大学病院の「もの忘れ外来」の門をたたく。そこから診断、数々の早期治療、患者たちとの交流と、体当たりで実体験する渾身のルポルタージュ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今時はのんびり穏やかに静かに暮らしていてはまともに歳も取れない時代になってしまった
    歳をとってからも筋トレが必要とは…

  • ◆きっかけ
    ・『母の友』2015年5月号で紹介されていた
    ◆感想

    ◆引用

  • 褒められることはうれしい。こういう刺激も脳の活性化に役立つという 最近のテレビはクイズと旅と食の番組が多い。製作費がかからず、視聴率がある程度取れるからだろう アルツハイマー病は大脳の海馬付近の細胞がβアミロイドの増殖に壊される病気ですパーキンソン病は中脳の神経が死んでしまう 

  • 軽度認知障害(MCI)を改善するための筋トレ、脳を活性化する運動プログラムの紹介があり、具体的な改善策からもMCIについて理解することができた。

全7件中 1 - 7件を表示

ボケてたまるか! 62歳記者認知症早期治療実体験ルポのその他の作品

山本朋史の作品

ツイートする