カール教授のビジネス集中講義 ビジネスモデル構築

  • 朝日新聞出版
3.86
  • (8)
  • (9)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 150
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023313798

作品紹介・あらすじ

16の発想法、100以上の事例、7つのステップでビジネスモデルがまるわかり!「トヨタ」から「ふなっしー」まで、最新ビジネスを完全網羅!60の戦術カード付き!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1.ビジネスマンとして、企業がどのような成り立ちをしているのか、網羅的に知りたくてこのシリーズを購入しました。

    2.ビジネスモデルとは?といった基本的なことから始まり、本書では、ビジネスモデルを考えるための16の思考法があり、共通事項として7つのステップを踏んで行かなくてはならないと述べています。基本は、「現状分析をした後、4w1hで細分化、実現できるか見極めてできることを実行していく」という流れです。これらを実行するにあたってゼロベース思考が重要となってきます。これらを現代の企業がどのように実践してきたのかを事例として紐解いていくのがこの本の内容です。
    さらに、コンサルタントが読むような分厚い本でもなく、ページ下部1/3は図になっているため、初めて読む方にはオススメの一冊となっています。
    どこの章から読んでもいいので、各章ごとのチェックテストをしつつ、自分の会社に置き換えて考えてみると理解が深まります。

    3.自分はこのビジネスモデルのフレームワークを使いこなせるほど力がないため、「知っている」段階に踏みとどまっています。本を読むことはしますが、フレームワークを活用して考えることに慣れてないせいですが、コンサルタントのように考えることを仕事とする人はどのように使いこなしているのかが気になりました。当分の間は実践して「理解する」の段階に持っていきたいと思います。

  • ビジネスモデルは、閃きのアイデアが大切のではなく、いかにして構築してくかを実践的な内容で解説。

  • ビジネスモデルというのを、体系的に学んだことは私自身はなかった。世の中に溢れる、優れたビジネスモデルを類型化もできないし、そうしたものは天才的なひらめきによって生み出されるのだと思ってきました。

    また、そうした類型化や、ビジネスモデル創出のアプローチと呼ばれる方法論は、実際の現場でビジネスをしている人にとっては、縁遠いもので、後付けの理論に過ぎないと敬遠すらしてきたかもしれません。
    失敗から成功が生まれるという言葉があります。
    これは、成功にたどり着くまでには、それなりの試行錯誤を繰り返して、自分に合うやり方と世間に必要とされるものを体得することが必要であるということを言い表しているのだと思います。

    また、私自身がこうしてこの本の内容を今必死に思い返そうとしても、今いち思い出せないのは、内容を自分のものとして体得できていないのだなと感じます。
    それぞれのビジネスを見た時に、どのようなコンセプトに新規性あるいは世間のニーズに応える要素があるのかを考えることから始めてみたいと思います。
    そして、グローバル化が進み、日本がテクノロジーの中心ではなくなりつつある今、世界から学ぶことを私自身大事にしていきたいです。

  • 実践的。実践的過ぎて入り込めなかった。

  • 様々なビジネスモデルを総ざらいしてくれる本。理論を説明するだけでなく、派生的な知識は参考文献を紹介してくれるので、興味に広がりが持てる。

  • ビジネスモデルを広く浅く紹介しつつ、自分たちで新しいビジネスモデルを作る際の切り口を提供してくれてる本書。
    読み物というよりは、デスクの上に置いて調べ物をしたりする時に活用するイメージです。
    ビジネスモデルに関する本を何冊か読んでいる方には物足りないかもしれません。

  • ざざっといろんなビジネスモデルを復習するには便利。

  • 実例たくさん。
    でも整理されてないかな。。。

    迷った時には辞書的に参照する使い方。

  • 2015.5.27-6.28
    まず最初にやることは、「何の為に起業/新規事業を起こし、どのようなことを実現し社会に貢献したいのか」という根本的な点を明確化することが何よりも重要。
    •企業は常に新規事業を生み出す仕組みを作らなければ未来はない。
    ⚪︎イノベーションを生み出す16の発想法
    1.水平思考
    逆転、代用、結合、強調、除去、並べ替え
    2.マトリックス思考法
    縦軸に本源的価値、横軸に自分がやりたいビジネス
    3.ブレスト
    •批判しない •自由に発言する •質より量を重視 •連想と結合
    4.KJ法
    5.NM法
    6.オスボーンのチェックリスト
    他につかいみちはない
    か?応用できないか?変更したらどうか?(色や形、音、様式など)拡大できないか?縮小•削除できないか?代用できないか?アレンジし直したらどうか?逆転させてみたらどうか?結合したらどうか?
    7.マンダラート
    3×3のマトリックス
    8.トヨタの5回の「なぜ」
    真の原因、真の顧客のニーズを突き止める
    9.トゥリーズ法
    10.シックスハット法
    ⚪︎ビジネスモデル構築8ステップ
    •誰に、何を、いくらで、どうやって、何を使ってというポイントで革新的な変化を行うことで新たなビジネスモデルが作り出せる
    ①ビジネスモデルの現状把握
    誰に、何を、いくらで、どんな経営資源を使って、他社とどう差別化してもうけているかをかんがえるとビジネスモデルを把握することができる
    ②顧客をシフト
    法人、個人、関係先にシフト、一定地域集中、特定層に集中、グローバル化。
    ③顧客価値をシフト

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

平野 敦士 カール(ヒラノ アツシ カール)
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部教授
株式会社ネットストラテジー代表取締役社長、社団法人プラットフォーム戦略協会理事長。東京大学経済学部卒業。
日本興業銀行、NTTドコモiモード企画部担当部長を経て現職。上場企業を中心に数多くの会社のアドバイザーを務める一方、経営コンサルタント養成講座の運営や国内外での講演多数。早稲田大学ビジネススクールMBA非常勤講師、ハーバード・ビジネス・スクール招待講師等を歴任。著書に『プラットフォーム戦略』(共著、東洋経済新報社)、『図解 カール教授と学ぶ成功企業31社のビジネスモデル超入門!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『カール教授のビジネス集中講義「経営戦略」「ビジネスモデル」「マーケティング」』(朝日新聞出版)などがある。

「2015年 『プロフェッショナル シンキング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カール教授のビジネス集中講義 ビジネスモデル構築のその他の作品

カール教授のビジネス集中講義 ビジネスモデル構築 オンデマンド (ペーパーバック) カール教授のビジネス集中講義 ビジネスモデル構築 平野敦士カール

平野敦士カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
ジェームス W....
内田 和成
ベン・ホロウィッ...
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

カール教授のビジネス集中講義 ビジネスモデル構築を本棚に登録しているひと

ツイートする