英語のお手本――そのままマネしたい「敬語」集

制作 : ジェームス・M・バーダマン 
  • 朝日新聞出版 (2015年7月7日発売)
3.96
  • (7)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 214人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023314108

作品紹介

【語学/英米語】英語にも、丁寧に書く・話すための「敬語」がある。単語を「組み合わせ」、文章を「調節」することが英語の敬語のポイント。ビジネスの全場面でそのまま使えるメールや会話フレーズを紹介する。ワンランク上の英語を実践したい人に向けた一冊。

英語のお手本――そのままマネしたい「敬語」集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りたが、英語のできない私にとっては良書で、購入を検討している。丁寧なやりとりは見ていて美しいし自分も使いこなしたい。

  • ゴールドマン・サックスに努めていた著者が、
    そこで実感した「そのままマネしたい」英語の敬語集。

    ビジネスの様々なシーン毎に分類され、実践的な内容。
    丁寧な度合い、ビジネス上でのNGワードと内容は充実。
    何度か読み直して、習得したいと思える内容。

  • 役に立ちます。

  • 20160324週 ランキング1位
    敬語の言い回しを場面ごとに紹介。
    ビジネスで使えそう。

  • 成毛さんオススメ本だったので購入。
    仕事で英語メールはときたまあるので手元にあると便利かと。
    ただ単語の解説や訳文の順序が日本語に沿う形がもう少し改善されているとよりフレーズが理解しやすく個人的には助かるかなと。
    基本的に良書です。

  • 【資料ID】160697
    【分類】670.93/V42
    産業のコーナーに並んでいます。

  • 単なる文例集ではなくて、「どうしてそういう言葉遣いをすべきなのか」ということも含めて解説されており、なかなかの良書。
    ・・・ただ、転職したばっかりのころに読みたかったかなぁ。

  • ちょうど難しすぎず簡単すぎず用途にあっていたので購入。ビジネス的に丁寧な言い方など活用できそうなので覚えていきたい。

    コラムが興味深い。

  • 英語圏は上司もファーストネームで呼ぶフレンドリーでカジュアルな社会だから敬語なんて不要と思っている人は間違いなく読むべき本。さらに、なんでもかんでも Please 付ければ丁寧な依頼になると思っている人にも読んでほしい。
    160ページの薄い本ではあるが、積極的に真似して使いたい例文が豊富で、また状況ごとにまとまっているので探しやすい。章末にある著者のコラムも興味深く読める。この本はぜひ買って手元に置いておきたい!と思える本だと思う。

全9件中 1 - 9件を表示

英語のお手本――そのままマネしたい「敬語」集のその他の作品

英語のお手本 そのままマネしたい「敬語」集 オンデマンド (ペーパーバック) 英語のお手本 そのままマネしたい「敬語」集 マヤ・バーダマン

マヤ・バーダマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
田中正人
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
ベン・ホロウィッ...
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

英語のお手本――そのままマネしたい「敬語」集を本棚に登録しているひと

ツイートする