実験対決21 変化の対決 (かがくるBOOK― 実験対決シリーズ)

制作 : 洪鐘賢 
  • 朝日新聞出版
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023314399

作品紹介・あらすじ

実力伯仲の対決、ワンスター小学校VS未来小学校!勝負の行方は?最高得点で本選に進出したワンスター小と未来小の対決!基本に忠実な実験をする未来小のジェウォンとは対照的に、エリックは華麗な実験で観客を魅了する。一方、ソル先生を探すあかつき小は、大会を取り巻く黒い影の存在に気づき…。ソル先生は再びあかつき小に戻って来られるのだろうか?物理的変化-化学的変化、消化作用、酸化還元反応の実験など「変化」についての様々な科学知識を楽しく学んでみよう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [江戸川区図書館]

    プレジデントファミリー(2013.12)で知った本。理科が苦手な子にもオススメなシリーズ。
    〜〜〜
    2016年にも、サバイバルシリーズから「かがくるBOOK」、「ゴムドリco.」と辿ってこのシリーズに行き当たったけど、その際には5巻で断念。当時は江東区にしかなかったこのシリーズを江戸川区でも見かけるようになり、4年で理社も本格化する年となって、改めて読ませてみたら、、、良かった、はまってくれた!

    21は変化の対決、となっていて、エリック率いるワンスター小は、エリックの旧いメダルを用いた酸化還元反応を用意するが、そのテーマの掘り下げの浅さ?と実験をショー扱いしたエリックの思惑が低く評価され、ジェウォン率いる未来小学校の消化作用実験の方が勝つ。けれどもその間、エリックの指示通りにソル先生を探していたウジュは、ソル先生の帰還が無理そうだとわかっただけでなく、その先生自身に投げつけた自身の言動に傷ついて実験に向き合えなくなってしまう。単にソル先生が戻らないと落ち込んでいたのではなく、自分がそんな先生を傷つけたから落ち込んでいた、というのがいじらしい。しかもそんな理由まで発展させ、その落ち込み原因をあんな形でウォンソとジマンに知らせ、一晩であかつき小を立ち直らせるこの脚本の作りは本当にニクい。

  • 2016.10 市立図書館 息子 小2

全2件中 1 - 2件を表示

ストーリーa.の作品

ツイートする