勝ちつづけるチームをつくる勝負強さの脳科学 「ピットフォール」の壁を破れ!

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023314740

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経営】脳の仕組みを知れば、世界の頂点に立つチームが実現できる! 競泳、女子サッカー、女子バレーなど、さまざまなスポーツの日本代表監督、選手を脳科学的指導でメダル獲得に導いてきた脳外科医が説く、日本人の弱みを克服するリーダー・組織論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勝負脳。

  • 林先生の本はわかりやすい。理屈に合っている。

  • オリンピックや国際大会で勝てない原因は「ピットフォール」にあった

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1939年富山県生まれ。脳神経外科医。前日本大学大学院総合科学研究科教授。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターに留学。1993年、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長に就任。2004年第1回国際脳低温学会会長。2008年には北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について講義を行い、結果に大きく貢献する。著書に45万部の『脳に悪い7つの習慣』などベストセラー多数。

「2018年 『脳が認める最強の集中力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝ちつづけるチームをつくる勝負強さの脳科学 「ピットフォール」の壁を破れ!のその他の作品

林成之の作品

ツイートする