オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023314870

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群
    2016/6/20 著:片田珠美

    傲慢な人は、「過去の栄光」をよすがにして、現在の自分を課題評価していることが多い。目の前の現実をきちんと認識できず、現実否認に陥ることもある。そうなると一層、「過去の栄光」を持ち出さずにはいられず、悪循環に陥りやすい。

    本書の構成は以下の7章から成る。
    ①傲慢症候群とは
    ②今日も隣にいる「オレ様」族
    ③暴走する人に共通する素地
    ④悪の芽を育てる最適環境
    ⑤個人にとどまらない恐怖の被害実態
    ⑥あなた自身がつぶされないために
    ⑦気が付けば予備軍かもしれない

    本書のような類の本を読むときはそれに対処するためと自分がそうではないかのかそうならないようにどうすべきかというようなこともしっかり考えながら読むことにしている。

    オレ様といえば、ジャイアン。
    ジャイアンは周りの愛から笑って許されるものの、日常生活のオレ様は許されたものではない。

    この世にはドラえもんの秘密道具はない。自分で気づき、治し、それに対応していくしかない。道具はないが、気づきと処方箋として本書を活用したい。

  • 興味深く読めました。傲慢から身を守るというより、自分が傲慢にならないように気をつけたいです。

  • 絶えずからり続けている現実から逃げているのでは無いかと絶えず自分を振り返る

  • 確かに「こういう人いるいる」と思って読める。まずは理解すること。対処法もこれしかない気がする。最後に、自分がそうなっていないか、のチェックがある。これは実は大事なことだなぁ。

  • 個人的には非寛容な人が多くなってきているように感じているが、本書で扱われる傲慢症候群というのは自己愛の強いひとのことを指しているらしい。

    背景には効率優先、成果主義的な世の中の考え方などもあるように思うのだけど、そういう話は一切なく、前半で、「困った人」たちの実例を延々とあげ、後半は自己愛性人格障害の型にはめていろいろと実例を批判するというスタイル。自分が傲慢症候群に陥らないためには、とか、対処法なども書かれてはいるが、人格障害者に対するステレオタイプな書きぶりのみ。

    「ああ、いるよねぇ、こういう人、、、、」とは思うが、正直、あとに残るものがほとんどなかった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

広島県生まれ。精神科医。大阪大学医学部卒業。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。人間・環境学博士(京都大学)。フランス政府給費留学生としてパリ第8大学精神分析学部でラカン派の精神分析を学ぶ。DEA(専門研究課程修了証書)取得。精神科医として臨床に携わり、臨床経験にもとづいて、犯罪心理や心の病の構造を分析。社会問題にも目を向け、社会の根底に潜む構造的な問題を精神分析的視点から研究。著書多数。

「2018年 『被害者のふりをせずにはいられない人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群のその他の作品

片田珠美の作品

ツイートする