病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.40
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023314931

作品紹介・あらすじ

老老医療の混乱のなか、若手医師はアルバイトに忙しく、名門病院さえ赤字続きで、首都圏に無医村地区が発生する。看護師も理学療法士も足りず、寝たきりと孤独死のリスクが跳ね上がる-。医師不足が招く深刻な危機をどう生き抜けばよいのか。医療ガバナンスを研究する著者がデータをもとに解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • このタイトルの意味だけでなく都内の病院の色がよく分かり勉強になりました。
    これから高齢者が増えると医師はもっと忙しくなるやろうな、、当たり前のように残業が必要になり、なりたいと思う人は少なくなるかもしれない。
    それを減らすためにも、見合った給料をだす必要がある。そのためには病院が繁盛しないといけない。繁盛するためにはスキルの高い医師が必要。仙台厚生病院のように研修医に手厚い病院が増えれば良い。
    先を見据えて、頑張れ日本!

  • 著者の主張はわかったけれど、一般市民に向けてのメッセージとして、コネが重要とか、患者数ランキングに注目とかは、ちょっと浮世離れした発言に思えました。医師のコミュニケーション能力の説明も、ほぼ人脈があって社交的であることと同義っていうのは誤解と思いました。プライマリケアって視点があんまり語られていなくて残念。総合診療医批判として、何でも診れるエキスパートなんて無理と言っているところにも、そもそもそういう役割ではないという誤解がある気がしました。

    首都圏の危機的状況や、看護師数の偏在問題、必要医師数のOECD平均では見えない、医師の高齢化を問題視している点などは勉強になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京大学医科学研究所特任教授、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授。医学博士。
1968年、兵庫県生まれ。1993年、東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院にて内科研修医となり、1995年、東京都立駒込病院血液内科医員。1999年、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、虎の門病院血液科医員に。2001年から国立がんセンター中央病院薬物療法部の医員も務め、造血器悪性腫瘍の臨床研究を行う。
2005年、東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステムを主宰し、医療ガバナンス、メディカルネットワークを研究。専門は血液・腫瘍内科学、真菌感染症学。

「2014年 『医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

病院は東京から破綻する 医師が「ゼロ」になる日のその他の作品

上昌広の作品

ツイートする