世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史

制作 : 大田直子 
  • 朝日新聞出版
4.17
  • (39)
  • (36)
  • (14)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 389
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023315303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 科学と人類の進化を端的に示す良書。
    非常に説得力のある考察だ。
    我々が今取り組んでいることも、全て過去と未来に繋がっていると感じたことは、嬉しい感覚であり、科学との接点に知的な刺激となった。

  • 「革命」というと、「政治」寄りな印象を与えるので、「発明」や「発見」、「進歩」といった、「科学」寄りな印象を与えるタイトルの方がふさわしい気がします。
    が、もしかしたら、そのような微妙な違和感を抱かせることが翻訳者の意図であるならば、それはそれでアリだと思います。

    この本では、人間の生活に大きなインパクトを与えた科学・技術的な発見・進歩を6つ取り上げているわけですが、その切り口もさることながら、各々のストーリーも巧みで、非常によい本だと思います。

    エジソンについては、「いろんな人の特許を横取りした悪い奴」と思っていたのですが、経営者としてのエジソンの姿を知ることで、エジソンの真の素晴らしさに、少し触れることができたように思います。

    ものすごくたくさんの人物、出来事、歴史・経緯、発見を紹介しているにも関わらず、流れを見失うことなく読めるようになっているのは、著者の知見の広さ、考察の深さ、文章力のなせる業なのでしょうね。
    「素晴らしい」の一言です。

    ちなみに、少し気になったのが、科学的な点での誤植が、若干、目立ったこと。
    せっかくの本の良さが損なわれる可能性があるので、慎重にチェックしてほしかったです。

  • 2017ベスト本候補。

  • ユニークな切り口からの発明の歴史。
    風が吹くと桶屋が儲かる式に、思わぬ方向に発展するという話。
    次の発展には周辺の技術が整っている必要がある。

    読書メモ

    1章 ガラス
    グーテンベルクが印刷を発明→書物が普及→メガネの需要
    電子基板や光ファイバー

    2章 冷たさ
    寒いところから暑いところへ氷を船で運んで莫大な利益
    冷やす技術の発明→肉を運べるようになり流通革命
    エアコンの誕生→小型化で家庭にも→暑い地域への人口流入→アメリカ北部から南部への人口移動→保守派が南部へ→大統領選に影響

    3章 音
    音を記録発明、再生する発明→蓄音機
    電話
    国家機密→電気信号のコード化→デジタル化
    ラジオ送信→ジャズの全国流行→アフリカ系アメリカ人の文化が茶の間へ→公民権運動
    真空管→音の増幅→大規模集会→政治集会、音楽会
    タイタニック事故→ソナーの発明→胎児の検診

    4章 清潔
    シカゴの建物を持ち上げて下水道
    清潔の観念、入浴の習慣
    上水道の塩素消毒
    クリーンルームの超純水はきれいすぎて飲めない。

    5章 時間
    ガリレオが振り子から時計を発明。
    高価な懐中時計→デニソンのWmエラリー時計
    ばらばらの時間→標準時間
    より正確なクオーツ時計→CPUのクロック
    原子時計
    過去の時間を測る放射性元素による年代測定

    6章 光
    マッコウクジラの脳油
    電球はエジソンの数十年前から発明されていた。エジソンの電球の発明はスティーブ・ジョブズによるMP3プレーヤーの発明のようなもので、マーケティングと宣伝の達人だった。
    エジソンは学際的な研究開発ラボの先駆けを作る。発明のためのシステム全体を発明した。
    フラッシュライトの発明→スラムの実態の撮影→貧困撲滅運動
    レーザー→バーコード→大規模小売店

    終章 タイムトラベラー
    ほとんどのイノベーションは現在時制の隣接可能領域で起こるが、ときにタイムトラベルのような飛躍をする

  • ・ガラス・・・一万年前の旅人がガラスの大きなかけらに
       つまづいたことがインターネットに至るまで。
    ・冷たさ・・・氷の海外運搬のアイデアから、人工冷却、冷   凍食品に進み、家庭用エアコンの発明は、
       人口移動を引き起こし、政治を左右する。
    ・音・・・古代人の洞窟の音響から音の記録と伝達の探求へ。
       ラジオから流れる音楽は公民権運動に影響する。
    ・清潔・・・下水道と水道の汚染問題は細菌の研究、塩素消毒を生み、
       マイクロチップのためのクリーンルームや超純水を生む。
    ・時間・・・時間の測定は、正確な時計の探求。
       クオーツ時計から原子時計へと発展、GPSが生まれ、
       放射性年代測定法により過去の時間まで測定する。
    ・光・・・マッコウクジラの絶滅が免れた一因の化石燃料は、
       エジソンとその多様なマッカーズを走らせ、
       カメラのフラッシュは都市の貧困撲滅運動となる。
       そしてレーザーは人工太陽の夢へ。
    今は当たり前の顔をして身近にあるけれど、歴史的には重要な
    発明・・・革命であり、別の因子によって更に画期的な
    イノベーションをも発生させ、進歩していく。
    失敗が別方向への成功をもたらすというのも面白い。
    また、歴史上早すぎる理論と発明、発明の嵐という存在、
    まったくの別の分野という因子からきっかけが発生!
    エピソード的にこれらが盛り込まれるのも楽しいし、
    驚きでもありました。

  • 人類の歴史を変えた6つの大きな発明について、その来し方行く末を語る本。
    ジャンルは科学史になるだろうが、とにかく完成度の高さがすばらしい。テーマ選定の適切さ、画期的イノベーションはひとりの天才の「ひらめき」というより連鎖的・同時多発的な改良であるとする独創的な論旨、そして何より、わかりやすく明快で、ユーモラスでさえある文章。
    私は読みながら何度も声をあげて笑い、そして感嘆した。めちゃくちゃ面白い、知的昂奮に満ちた良書である。諸手を挙げておすすめ。

    2018/5/21〜5/22読了

  • ガラス、冷たさ、音、清潔、時間、光など、世界を変えた6つの発明について解説しているもの。もちろんこれら6つが何かの商品やサービスとして発明されたわけではないが、これに基づく多くの発明、認識、利用、開発などが、文化を作ったり、進化に影響を与えたりと我々の人生や社会に大きな影響を与えている。例えば「冷たさ」の発明により、食料・飲料品の保存や輸送が可能になったり、気候の悪いところに住めるようになったりして大移住時代が訪れる。人口分布が変わると文化が混ざったり政治活動にも影響が出てくる。この本から学べることは、大きなインパクトを与えるような出来事やプロダクトは、いろいろな要素を含んでいるということであり、何事も単独・単一ではないということ。また、世の中の仕組みを考える際にはこのような時間の流れや巨視観が必要ということ。

  • 花と昆虫の共進化が、その外側のハチドリの進化にも影響を与えるという「ハチドリ効果」視点から人類の進化を見る本です。いきなり「ガラス」から始まり「冷たさ」「音」「清潔」「時間」「光」という6個のテーマで人類の作ったイノベーションを振り返ります。それは直線的な科学史でも技術史でもない、転びまろびつつのドタバタ劇。気づきや思い込みが技術を生み、人間の暮らしを変え、それがまた新しい気づきや思い込みを作り出し、新しい挑戦を作り出していく。例えば、ガラス技術の進展が望遠鏡や顕微鏡を生み、それが物理学、生物学を発展させていく、とか「ガラス」が冒頭に出てくるのは、そのため。ハチドリのいない花はあるけど、花のないハチドリはいない、というアナロジーで考えるとガラス技術なき物理学はない訳です。関係ないように見えることも実は関係している、今、散々言われているイノベーションはダイバーシティから、を歴史で確認していくような感じでした。読み物としての面白さ、抜群でした。だけど読後感は山本義隆「重力と磁力の発見」みたいな重厚感も残りました。

  • 良書。「清潔」の章が自分にとっては一番ショッキングな内容だった。ジョン レアル氏が、塩素消毒をジャージーシティで無断で実行した後、勝訴するくだりは非常に面白かった。「市民を実験台にした」と詰め寄る検察官に反論する場面はカッコいい。事実、特許を取らずに技術を無償公開した賢者ならでは。

  • これは気がつかなかった! 印刷技術には誰もが注目するがガラス(二酸化ケイ素)が科学革命の推進力であったとは。眼鏡の発明が1284年頃のイタリアとされているので、ルネサンス(14世紀イタリア発)の導火線となった可能性も高そうだ。
    https://sessendo.blogspot.com/2018/07/6.html

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ライター。7冊のベストセラーがある。訳書は『イノベーションのアイデアを生み出す七つの法則』『ダメなものは、タメになる』『創発』『感染地図』など。

「2014年 『ピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史のその他の作品

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史 Kindle版 世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史 スティーブン・ジョンソン

スティーブン・ジョンソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
ジャレド・ダイア...
クリス・アンダー...
ヴィクトール・E...
トマ・ピケティ
三谷 宏治
フィル・ナイト
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史を本棚に登録しているひと

ツイートする