お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか? 金運を鍛える「倹約」生活のルール

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023315389

作品紹介・あらすじ

【社会科学/経済財政統計】「我慢の3K(厳しい・細かい・苦しい)」の節約に対し、倹約には「心地よい3K(健康・環境・工夫)」がある。夫が残した3億円の借金の返済を可能にしたノウハウを、実体験をもとに解説。倹約なら年150万円の生活費でも豊かに暮らせる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金持ちになるには、年間150万で暮らしながらもお金持ちだと信じながら歩き、早起きしてボディ・メンテナンスをする時間や、難関資格に挑戦する時間をひねり出し、信心深く、稼いだお金は世の中のために使えば良い。

  • しっかり工夫したら、
    150万円の年収でもいきていけるもの。

    一点豪華主義。シンプル。

    少ないもの。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1958年、東京生まれ。経営者、ビジネス作家、講演家、エッセイスト。33歳で結婚後、病身の夫に代わり経営者となる。独自の発想法と行動力でヒット商品を次々に開発し、通販業界で成功。多額の負債を抱えていた会社を優良企業へと導く。その手法がさまざまなメディアで紹介され、テレビ番組「マネーの虎」(日本テレビ系)にも出演。理学博士号、MBA、行政書士、宅地建物取扱士などを次々と短期取得したことでも知られ、知識の広さにも定評がある。熱海市観光宣伝大使。
著書は『たった3行!心を添える一筆せん。』(現代書林)、『今日からできる最高の話し方』(PHP文庫)、『ケタ違いに稼ぐ人はなぜ、「すぐやらない」のか?』(青春出版社)など多数。

お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか? 金運を鍛える「倹約」生活のルールのその他の作品

臼井由妃の作品

ツイートする