世界第3位のヘッジファンドマネージャーに 日本の庶民でもできるお金の増やし方を訊いてみた。

著者 :
  • 朝日新聞出版
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023315464

作品紹介・あらすじ

【社会科学/社会】経済危機の時こそ圧倒的にグローバル市場で20年以上勝ち続けてきた現役のヘッジファンドマネジャーが、投資未経験者にもわかりやすく教える、お金の増やし方の基本。株価が暴落しても負けない最強のポートフォリオをシンプルに伝授。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長期的な投資ポートフォリオ形成について書かれた本。
    景気循環に応じて、ポートフォリオを変えることを提唱しています。

    初心者向けの本ですが、ある程度経験のある人でも、役に立つことはあるでしょう。

  • プロの運用は全体の流れとともにそこそこではなく、リスクをヘッジしている。生活費とは別に運用専用の財布を持ち、市場の変化に応じて投資対象を変える。指標はアメリカ国債の2年と10年の金利、数年単位のサイクルを読み取る。

    具体的でシンプルで素人にもわかりやすいです。

  • あまりこの手の投資解説本を読まないので比較できないが、景気循環を四季に例えた点と、分散投資にVIXを組み込む点が目新しいのだろうか。失敗はしないポートフォリオな気がするが、インデックス頼りだとリターンもそれなり。「日本の庶民でもできる」っていうタイトル通りで、資産のことではなく、リテラシー庶民ってことなんだ。

  • 話題の本だったので読んでみました。

    タイトルに「訊いてみた」とありますが、まさにライターさんが著者に訊きながら書き上げた、といった感じです。

    そもそも富裕層を相手にしている著者さんなので、「庶民でもできる」とレクチャーしている運用術は、どこか距離感がある感じがしました。

    ただし、第5章は富裕層を顧客として実務に基づいた内容が描かれており、この章だけはとても生き生きとした筆の運びだったように感じます。

    なお、運用術の中で説いているVIX指数への投資と、景気サイクルに応じて臨機応変に対応する点は、私も同感です。

    私も、いわゆる「ほったらかし投資」は賛成できません。

全3件中 1 - 3件を表示

世界第3位のヘッジファンドマネージャーに 日本の庶民でもできるお金の増やし方を訊いてみた。のその他の作品

塚口直史の作品

ツイートする