THE WONDER MAPS

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.87
  • (16)
  • (13)
  • (14)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 321
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023315730

作品紹介・あらすじ

【歴史地理/地理】世界各地の 奇妙なもの を撮り続ける著者が、不思議な事件・出来事・物・場所・お祭りなどを膨大なイラスト、さらに写真と解説で紹介。好奇心あふれる子どもたちと、好奇心を忘れた大人たちへ贈る、空前絶後の不思議な世界地図。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • このような世界観が好きだった子ども時代を思い出す。当時のようには受け止められないながらも、ワクワクが止まらない。

  • 2019/11/06

    ・こういう荒俣宏的な本だいすき

  • 図書館で借りて読みました。まさかの児童書のコーナーにあってビックリ。小3の息子ご目をキラキラさせながら読んでいた。こんなにも不思議なものが詰まった図鑑。確かに、児童書でもなんらおかしくないくらいの読みやすさ。親子とも楽しく見ることができました。

  • 小さい時から、世界の不思議が載ってる本が好きでした。

    この本もまだまだ知らない世界の不思議がたくさんあって、楽しかったです!

  • 『奇界遺産』で有名な佐藤健寿さんの子供向けな世界の不思議を集めた本です。子供向けと言っても内容は充実していて、しかもお値段もなかなかなので、どちらかというと全年齢向けなのかも。とにかく、非常に興味深くて、一心不乱に読んでしまいました。これを入荷した我が町の図書館グッジョブ。

  • もっと写真がみたい

  • 2022年春、西宮市立大谷記念美術館で開催されていた著者の展覧会に足を運んだ。
    http://www.otanimuseum.jp/exhibition_220402.html

    作品点数が多いということもあるが、そこに広がる景色の数々に、当初困惑。
    コロナで外界との接触が絶たれて久しい昨今、世界旅行に出かけた気分になった。
    書籍は、YA、子ども向けに書かれており、文章もイラストもわかりやすい。
    ようこそ、ワンダートリップへ!

  • シュリニヴァーサ・ラマヌジャン
    ロンギヌスの槍
    ギョベクリ・テペ

  • 面白かった

  • 世界各地の“奇妙なもの”を撮りつづける著者が不思議な事件・出来事・物・場所・お祭りなどを地図上に配置した膨大なイラスト、さらに写真と解説で紹介。(アマゾン紹介文)

    「本書を手に取ってくれた小さな子どもたちのお父さん、お母さんへ」と序文にありますが、十二分に大人も楽しめます。濃いわ怖いわ。
    取り上げられている内容自体はメジャーなので、さすがに日本や欧米のものは既知のものが多いですが、東欧や中央アジア、アフリカは「なんぞこれ」的な感想がぽろぽろと。
    「不思議」なものことがお好きな方なら、きっと楽しめるかと思います。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

写真家・作家。武蔵野美術大学卒。世界各地の“奇妙なもの"を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。著書に『奇界遺産』『奇界遺産2』『世界の廃墟』『SATELLITE』『THE ISLAND 軍艦島』『世界不思議地図』『ヒマラヤに雪男を探す』『空飛ぶ円盤が墜落した町へ』『世界伝奇紀行』〈中国・西遊妖猿伝編/パプアニューギニア・マッドメン編〉(諸星大二郎との共著)などがある。「タモリ倶楽部」「クレイジージャーニー」「ニッポンのジレンマ」「ラジオアドベンチャー奇界遺産」ほか出演歴多数。

「2020年 『奇界紀行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤健寿の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×