今夜もカネで解決だ

  • 朝日新聞出版 (2017年3月21日発売)
3.59
  • (4)
  • (17)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
  • 195人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023315785

作品紹介

リンパドレナージュ/ヒノキ酵素風呂/ヨモギ蒸し/ダイエット鍼/岩盤浴/カイロプラクティック/ドイツ式フットケア/生姜温熱療法/ヘッドスパ/ハワイアンロミロミ…セレブサロンの美魔女に超絶技巧の姑娘。誰かに触れてもらうことで癒される体と心がここにある。いざ行かん、地上の楽園へ!疲れた体と凹んだ心を抱え、今日も街を彷徨う。ジェーン・スーの読むマッサージ!

今夜もカネで解決だの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルが秀逸すぎて、期待し過ぎた…
    金を持ってそうな女の使い方を、私の目からウロコを落として下さいとまで思っていただけに、マッサージの話だけとは残念。それでも笑えましたけどね。

  • ここ数年リラクゼーション系のお店のニューオープンをよく目にするが、世の中にこんなにたくさん女性の体と心を癒してくれる場所、種類の多さに驚きと感心。
    自分自身は効果の程もよくわからなくてお世話になった事はないが、体が軽くなりそうだと想像出来るものや、心が元気になれそうに感じるものとかなり魅力的なものも。岩盤浴、ドイツ式フットケアサロン、ヘッドスパ、マッサージチェア、高機能ドライヤーは興味あり。

    施術者に対する感謝の対価がお金なのだろうけど、それだけでなく受ける方の笑顔とお礼の気持ちが施術者の誇りとなり、いい仕事とお金が回って行くのだろう。


    スーさんの体と心がほぐされ癒されますように。そしてまた頭と言葉が切れる面白い本を読ませてください。

  • この方の著書は出たら買おうと思ってるんだけど、ちょうど繁忙期終わりで体がつらい頃で、美容に興味があるときに化粧品の内容を読んだり、読書がしたいときに読書エッセイを読んだりするように、そのときの自分にもぴったりでうっとりしながら読みました。

    わたしはもともとマッサージをあまり利用しないほうで、マッサージって見た目を変えるものではないから(もちろんむくみをとったり、矯正されたりして変わるというものもあるのだろうけど)、どうしてもお金をかけようと思うと人と会う前の美容院にかけがちでした。生活の中でかなりの時間を仕事に割いて働いてるとは言え、わたしなんか世の人ほど疲れが溜まってるわけでもなく、それなのに行くって、となんだか罪悪感があったのもある。人が行く分にはちっともそうは思わないのだけれど。

    でも疲れを取って気持ち良くなるためのズルの手段、ではなく、そのサービス自体を受けることを素敵な行為として書いてくれているので、読んでいてとても楽しかった。
    マッサージに限らず、やっぱりこの方のエッセイの良さは出ていて、どう思うかの描写とか考えることとか読んでいてとても面白い。男性目線のサービスの話とか、とても興味深かったです。すごくよく解る。


    とは言えマッサージ行ってみたら、とっても気持ち良かったけど、やっぱりそんなにわたし疲れてないのかも、と思いました笑 また働こう!笑

  • あーはいはい、太った中年女の体をどうにかする方の立場も考えなさいよねー。

  • あらゆるジャンルのマッサージ体験ルポ。主観的な文体がサクッと読めて面白い。

  • 個人的にすごく好きな本だ。なぜなら規模の大小は(つまり私はスーさんのように玉が使えない。カネで解決できないが)あれ私もマッサージとマッサージ的なものが大好きだからだ。だから本書の内容についつい前のめりになって読んでしまった。えっ本当?参考にしたい(がおそらくできない)とか下手なものに当たったときの失望感のあるあるが身につまされて楽しかった。
    本来、自分の身体なんだから自分でメンテナンスして大事にして使っていくというのがスジであろう。(だからヨガやらジョギング、山ガールがあるわけである。)だけど、このおそらく無駄な贅沢(マッサージ的なものは一時的なものだから)は背徳的であるから気持ちいいのである。独断です。

  • 忙しくて面倒くさがりの仕事ジャンキー、ジェーン・スーのマッサージ放浪エッセイ。値段別に¥0~¥35万まで、安いから駄目なのでも高いからいいのでもなく、星の数ほどあるマッサージ屋での色々が語られる(ただしほぼ東京)。他作に比べると笑いは薄め。考察も薄め。でも”致命傷じゃなければお手軽に驚きたい騙されたい”女心は分かる気がする。

    こんだけスパ・マッサージ行きまくったら楽しいだろうと思うけど、現状彼女ほどアグレッシブで疲れてもいないので背中を押されるような押されないような。一度行くと怒涛の営業攻撃に遭いそうで怖いしなー。でも何か贅沢したい!自分のためだけに無駄遣いしたい!という衝動が湧いた時にあぶく銭握りしめて行ってみようかなーと。ルールを決めた中での浪費なら少しはあった方が楽しいしー。

  • 自分へ素敵なご褒美的なマッサージをプレゼント。罪悪感感じなくていい、そのためにまた頑張って働こう!って前向きなところがよかった。
    なかなか自分に、マッサージプレゼントできない経済状況だけど、一年に1回2回くらい、プチプラコースでいいので、やりたい。できるようにがんばろ!

  • マッサージ関連には行ったことがない。もしも全然良くなかったら?と考えて行けない。ある意味最高の贅沢かも。

  • わかるワーーーという箇所がたくさん。

全15件中 1 - 10件を表示

今夜もカネで解決だのその他の作品

今夜もカネで解決だ Kindle版 今夜もカネで解決だ ジェーン・スー

ジェーン・スーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
恩田 陸
宮下 奈都
柚木 麻子
三浦 しをん
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

今夜もカネで解決だはこんな本です

今夜もカネで解決だを本棚に登録しているひと

ツイートする