世界のねこみち

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.27
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023315938

作品紹介・あらすじ

さらに気ままなネコ様を探して、今日も「ねこみち」を旅する。撮り下ろし!撮影密着ルポ。週刊朝日の人気連載、書籍化第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 近所の図書館が犬猫本特集をしていたので、そこからの一冊。
    岩合さんなので、ネコ歩きか何かで見たことのある猫だらけ。でも、それぞれの場所で1枚だけの写真なので、どれもこれも、印象的ないいこだらけ。
    2017年春発行なので、巻末にはねこの京都のオフショットもあったりします。

  • 岩合光昭さんの「世界のねこみち」、2017.4発行です。猫たちのさりげないけど最高の表情、しぐさ、そして何でこんなに可愛いのかと驚く写真が満載です。

  • とってもかわいい、世界各国のねこたち
    NHKの番組でもおなじみの岩合光昭さんの、
    ねこの写真集です。かわいいねこや、そうではない
    ねこと、美しい世界の風景が一度に楽しめます♪
    私のオススメは、スペインの幅跳び猫、
    フランスの猫ジャンパーの跳び猫2ひきと、置き物
    のようにとっても愛らしいスペインのニャンドルです

  • どこにいても似合う。

  •  国が違うとネコの顔も違うように見えるのは気のせいだろうか⁉

  • 岩合さんの猫写真にはいつも癒される。いい表情ばかりの猫、ホント可愛い。

  • かわゆい

    どこにでもいるんだな~

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

岩合 光昭(いわごう みつあき)
1950年東京生まれの動物写真家。法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。19歳の時、動物写真家であった父・岩合徳光の助手として訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、父の後を追って動物写真家としての道を歩み始める。
以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに撮影を続ける。アフリカ・セレンゲティ国立公園に1年半に渡り滞在して撮影をした写真集「おきて」は、世界中でベストセラーとなる。また、独特の色やコントラストを持ち、想像力をかきたてる写真は、ナショナルジオグラフィック誌の表紙を2度飾るなど、全世界で高く評価されている。近年はカナダでホッキョクグマ、中国でジャイアントパンダやトキ、知床でオオワシやヒグマ、屋久島でヤクシカやヤクザルなど、オリンパスのデジタル一眼カメラを駆使して、野生動物の写真を次々と発表している。
最近はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れており、NHKBSで「岩合光昭の世界ネコ歩き」が好評放映中。2017年10月、「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」が公開。
なお、ねこまきのコミック「ねことじいちゃん」映画化において、初の監督を務める。2019年公開予定。

岩合光昭の作品

ツイートする