佐藤ママの子育てバイブル 三男一女東大理III合格! 学びの黄金ルール42

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.85
  • (7)
  • (11)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023317222

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 佐藤ママの教育方針と考え方がしっかりされていて、勉強に向かう取り組みがとても勉強になる。
    また読み返したい。

  • 今まで佐藤ママの本を読んで、お子さん達はどう育ってるんだろうと気になっていたけど、お子さん達のコメントがあり、みなさん家族思いで素敵だなと思った。

    東大受験の一年前に受験のためのホテルを予約したり、
    忙しい時期は睡眠2時間半だったり、
    不合格の時の子供への声かけの練習を3ヶ月前からしていたり…

    びっくり、でも見習いたい子供思いのお母様です。

  • 本当に子どもと子育てが大好きなお母さんなんだなあということがわかって、温かい気持ちになった。子どもに対する愛情を、ありとあらゆる手で表現して、それが子どもに伝わるということが、どれだけ難しく尊いことかということに気付かされる。
    私自身、大きな受験を2回して、そのときの母のサポート体制が佐藤ママと全く同じだった。勉強以外のことを考えなくていいように身の回りの世話を全てしてくれたこと、つきっきりで受験に付き合ってくれたこと、夜遅くお茶を淹れてくれたこと、今改めて感謝。

  • 同著者の幼児教育と内容はやや被る。受験期の親のサポートのあり方がとても参考になる。

  • 佐藤ママの本、2冊目。
    この方の子供への愛情のかけ方が真似できない。ここまで身を粉にして、子供たちの受験に全てをかけられるだろうか。賛否両論あるようですが、佐藤ママの努力にはただただ脱帽です。

  • 元々教育に携わっていた方ではあるが、
    その努力と時間のかけ方は、やはりなかなか真似できるものではない。
    ただただ尊敬。

  • 佐藤ママ本当に子どもに全てを注いでいて凄いなぁと思う。

  • [墨田区図書館]

    流石に佐藤ママの本も数冊目、数回めとなると、この本自体は初めてだったが、どこを読んでも読みおぼえ、ほぼ記憶がある内容ばかり。それでも、今回読んでいて「ああ、、、!」と思った項目だけ、また戒めのために書き出してみた。

    個人的には大分これまでの著書からうかがい知ったこの佐藤家の子ども構成/育児の流れを、冒頭で「佐藤家4きょうだいのあゆみ」として表化してくれているのがいい!そして、「佐藤ママ、お勧めの絵本/童謡100リスト」。本当に、許されるなら、再度0歳から子育てをやり直してみたい。でもやり直す、というといかにも今失敗した、という感じがするのが自分でも嫌なので、今は今でしっかりと出来ることを見つけて見つめてまだまだ邁進していきたいところ。…となると、養子やボランティアが無理だろう私の場合は、次なるチャンスは孫に対して、になってしまうのかなー?孫が出来なかったらもうチャンスはなくてこの書き溜めも無駄になってしまうのかしら?

    いずれにせよ、これまで数冊読んできたけれど、大分概要を知って覚えてきていた私としては、今回のこの本が一番手元に置いておきたい本。

    ◆第1章 親として自信がつく!まず知っておきたい8つのこと
    ・テストで1点を上げる努力を甘く見ない。成功体験が自己肯定感につながる→点数を取ることは簡単ではない。自制心が身につき、努力する大切さを学び、計画性も養われる。

    ◆第2章 早期教育の鉄則 就学前は、「よみ、かき、そろばん」を徹底的に
    ・佐藤ママ お勧めの絵本100冊
    公文のすいせん図書一覧表の200冊を軸に、15冊/日を目標。
    ・佐藤ママ お勧めの童謡100曲
    15曲/日を目安として天気や予定によって調整。歌い終わったらうたカード(表は絵、裏は歌詞)をプラスチックの箱に入れてカウント。

    ◆第3章 成績がぐんぐん伸びる!小中学生の宿題・テストのサポート術
    ・読み聞かせで読解力が向上
    次男が小6の際に国語が伸び悩んだので国語の教材の読み聞かせをした。声色を使って登場人物の置かれた状況や気持ちを表現するうちに次男はテストでも点数がとれるようになり、国語が得意になった。三男にもやっていたが、あるとき「ママもう読まなくていいよ」と言われた。

    ・子どものやる気を引き出すのは、親のあなたです!
    まずは小さなことから成功体験を。「その日その日に子供がやるべきことを具体的に示す」。「まずは得意科目」に力を入れて。三男が小学生のとき、15分しか集中できず、15分で出来そうな問題を用意してタイマーをセット。「途中でも時間が来たらやめさせて違う教科の問題を」解かせた。時間切れになって途中でやめた問題は時間をあけると再度一から解かなくてはいけないので、急いで解くようになり集中力がついた。「何をどうすればいいのかわかれば、勉強に取り組めるようになる」。点数が悪い苦手科目のテストの見直しを延々とやっていると勉強が嫌いになる。すべてを見直さず、思い切って捨てる勇気が必要。時間がかかりそうなときは、親が判断して、あと少しで得点できた問題や絶対に得点しないといけない問題を「2問くらいだけ」選んで見直しをすることがおススメ。

    ・「しっかりして」「がんばって」は禁句。子供には負担です。
    「しっかりして」「がんばって」は親の自己満足。テストが良くてもさほどほめない、悪くても「どうしてできないの?」と怒ったり、がっかりしたりせず、「弱点がわかってよかった」と前向きに。「もっと勉強しなさい」もつい言いたくなるけれど、例えば、「毎日2ページずつ、夜の7時から7時半までお母さんと一緒にやろうね」と、何をどれくらい勉強すればいいのかを数字で具体的に示すべき。

    ◆第4章 ママ友との関係、祖父母の口出し…困ったときの対処法
    ・反抗期は成長に不可欠?…なくていい!親の暴言が反抗期の種に
    反抗期は子どもに対する親の暴言の結果であることも少なくない。成績がいいときに反抗するという話はきかない。とはいえ、反抗期だからといって、子供が勉強しなくていいということはない。「反抗してもいいから勉強しなさい。」

    ・夫と教育について意見が違う!…父親は口を出すよりお茶を出して
    サポートとは、自分がやりたいことをするのではなく、相手がしてほしいことをすること。

    ・受験の結果が心配…シンプルな激励の言葉を用意しておく
    「○○ちゃん、○中残念だったね。違う中学に行くことになったけど、6年間またママも手伝うからね」

    ◆第5章 今から知っておけば安心!合格へ導く大学受験の法則
    ・難しく考えないで。大学受験はシンプルです
    「参考書主義より、問題集主義」。ある程度勉強して覚えたらひとまず問題集を解き、苦手なところは教科書や参考書で補強する。殆んどわからなければ、既に終えた学年の教科書まで戻る。問題集を1冊終わらせたら、「別のではなく同じ問題集を解きなおす」。反復することで知識が定着し、問題集を○周して解けるようになった!という自信は入試日に大きな力になる。特定の大学名を冠した「○○模試」はぜひ受ける。夏と秋には駿台、河合塾、代ゼミの模試を受けた。12月からはセンターのみで必要な社会の過去問を何周も。センター後の二次試験まではひたすら過去問を。過去7年の赤本のほかに、科目別に25年分の入試問題を収録した赤本を。

    ・計画は分単位で立てる!後悔しないための時間管理術
    1日の1/3くらいは寝ているから勉強できる時間は意外と少ない。成績が伸びない子供は勉強量が他の子より少ない。勉強したことがいつでも取り出せる学力に変わるまでは、何度でも繰り返して、とにかくたくさんやらなくてはならない。入試の時間は分表示で、東大理系は4教科で520分(8時間40分)もかかる。受験までんい過去問1年分を何回解けるのか計算すると意外と少なく時間がないことに気づく。そのことを嘆いても、過ぎた時間はもう戻らない。今日から分単位で計画を立て、時間を意識して毎日を過ごそう。

    ・受験生の持ち時間は平等。計画はゴールから逆算がカギ
    ゴールから逆算して、やるべきことを日割り計算する。
    次男は12月上旬(センター試験まで1か月半、東大入試まで2か月半という直前期)に東大模試でC判定を出し、当初センター試験までは現社と国語の勉強だけする予定だったが、急遽東大入試の対策(最も不安な英語)も盛り込むことにして、1日の量を<センター過去問の現社3年&国語2年+東大過去問の英語1年>に決定。最終的に年内の約20日?で、<センター過去問23年分の現社2周&国語1周+東大英語過去問25年分×1周>をこなした。現社では国際関係の分野が弱かったので、書かなくても音読で覚えるのが効果的だと、親子で音読して、過去問+音読で覚えた。

    ・暗記と苦手な部分は除夜の鐘までに終わらせること
    センター試験は1/13頃で、年が明けてわずか2週間後。焦りを感じずに新年を迎えるために、暗記物や本番で不安なところは、除夜の鐘までに終わらせたい。

    ・最後の2週間の過ごし方。本番の時間帯に身体を慣らす
    家族全員が就寝時間を12時から11時に早め、1日のスケジュールを大きな紙に書いて貼りだし、それに沿って勉強する。特に最後の2週間は、試験が行われる時間帯に集中力を高められるよう、本番と同じ時間帯に過去問を解くように。夜型タイプのお子さんなら、試験が始める時間の3時間前にお母さんが起こすべき。

  • んー、やっぱり、たとえ学歴や職業で成功?していたとしても、ここまで親が介入するのは、いいと思えないので、一通り読むだけっで、評価無し。でも、本文にある通り、じゃあ、ここまで学歴の結果残せるの?と、問われると、「負けました」としか言いようは無いけどね。

    その中で、P123 勉強中の子どもは孤独。親が傍にいてあげる。は、同意。大きくなっても、家族で一緒に勉強する雰囲気を作って、皆で勉強するのって、いいと思うの。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大分県出身。津田塾大学卒業。大分県内の私立高校で英語教師として勤務。結婚後、夫の勤務先の奈良県に移り、専業主婦に。長男、次男、三男、長女の4人の子どもを育てる。長男、次男、三男は灘中学・高等学校を経て、東京大学理科三類に進学。長女は洛南中学・高等学校を経て東京大学理科三類に進学。現在、長男と次男、三男は医師として活躍。長女は東京大学医学部の学生。その育児法、教育法に注目が集まり、進学塾の浜学園のアドバイザーをつとめながら、子育てや勉強、受験をテーマに全国で講演を行う。
著書に『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格!』『佐藤ママの子育てバイブル』(いずれも朝日新聞出版)『頭のいい子に育てる3歳までにぜったいやるべき幼児教育』(東洋経済新報社)ほか。

「2021年 『我が家はこうして読解力をつけました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤亮子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

佐藤ママの子育てバイブル 三男一女東大理III合格! 学びの黄金ルール42を本棚に登録しているひと

ツイートする
×