池田大作研究 世界宗教への道を追う

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023318854

作品紹介・あらすじ

世帯数827万の会員を擁する創価学会はなぜ国内政治に強い影響力を持つようになったのか。特に、第3代会長・池田大作(現・名誉会長)はなぜ会員の心をとらえ続けるのか。キリスト教徒であり元外務省主任分析官の著者が、インテリジェンス分析とキリスト教神学の方法から人と思想に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 期待してたものと少し違った。文量の割には新しい発見は特になかったかなぁ。丁寧に説明しようとする著者の努力を垣間見るようだったけど。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

佐藤優(さとう・まさる)
1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。85年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、09年6月有罪確定。現在は執筆や講演、寄稿などを通して積極的な言論活動を展開している。

「2021年 『読んではいけない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤優の作品

池田大作研究 世界宗教への道を追うを本棚に登録しているひと

ツイートする
×