子供の成功は記憶力で決まる 学力、思考力、心を育む子育て

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319073

作品紹介・あらすじ

脳力の土台は「記憶力」にあり!
「記憶」のプロが教える!子供の能力を最大限に伸ばす至極の脳育メソッド

「記憶力グランドマスター」の池田義博氏が、子供の成功の鍵を握る「記憶力」の伸ばし方についてレクチャーします。記憶力を最大限に発揮する脳の「記憶」の仕組みを研究。その結果、自身の記憶力を飛躍的に伸ばし、世界の記憶力大会で優勝した経験を基に「記憶力」を根本からひも解き、分かりやすく解説します。

「記憶力」は、子供の学力(認知能力)を伸ばして学校の成績を上げるだけではありません。子供たちの集中力、思考力、人間力など「非認知能力」の向上にも大きな効果をもたらしてくれます。それらすべての脳に関わる力の土台となるのが「記憶力」であり、この仕組みをマスターすれば、おのずと子供の能力を最大限に伸ばすことができるのです。

「子は親の鏡」と言われます。親御さんご自身がご家庭において、「記憶力」を伸ばすための環境を作ることが重要になってきます。そのための「至極の脳育メソッド」を余すことなく盛り込みました。親子で実践できる「トレーニングワーク」も紹介していますので、ぜひともご家庭で取り入れてみてください。

子供を持つ親御さんはもちろん、記憶力を向上させて自身の能力を最大限に引き上げたいビジネスパーソンにもオススメしたい一冊。

齋藤孝氏も推薦!
「記憶」の仕組みが分かれば、おのずと頭が良くなる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 脳科学のエッセンスが詰まった本

  • 「記憶力」を鍛えれば、子供の頭を良くし、人間力・非認知能力・EQも高めることができる

    ・記憶力が頭を良くする仕組み
    ・記憶力と非認知能力の関係
    ・記憶のメカニズム
    ・記憶力を向上させる鍵
    ・集中力と記憶力、集中力の磨き方
    ・記憶力を向上させるワーク、ゲーム

    記憶のプロが自身の経験と専門の知見をもとに「記憶」を解説する
    暗記のための記憶術に留まらないところに本書の価値がある

    《子供たちが持つ素晴らしい能力を引き出すために》

    著者は記憶力日本選手権大会で6度優勝、世界記憶力選手権でも「グランドマスター」の称号を獲得した「記憶」のスペシャリスト

  • おおむね共感。

  • 図書館で偶然見つけレンタル。

    最後の章でまとめられている記憶力アップのトレーニングが面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

池田義博(いけだ・よしひろ)
「2019年度 記憶力日本選手権大会」優勝者。日本人初「世界記憶力グランドマスター」獲得者。
記憶術と出合ったことがきっかけで記憶力に興味をもち、日本記憶力選手権大会に出場。40代なかばでの初出場にも関わらず、10か月の練習で優勝を果たす。その後2019年まで、6度出場し、すべて優勝。また2013年にロンドンで開催された世界記憶力選手権において日本人初の「記憶力のグランドマスター」の称号を獲得。
現在は記憶力も含め、世のなかの多くの人たちの「脳力」向上に貢献することを自身のミッションとして活動中。テレビ・ラジオの出演および著書多数。グランドマスタージャパン代表。

公式HP:https://ikedayoshihiro.com/

「2021年 『一度読むだけで忘れない読書術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田義博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
リンダ グラット...
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×