夏休みルーム

  • 朝日新聞出版
4.04
  • (10)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 199
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319103

作品紹介・あらすじ

『都会のトム・ソーヤ』などのベストセラー作家・はやみねかおる先生がおくる、新感覚ミステリー「ルーム」シリーズ第2弾。二転三転のどんでん返し、予想もしなかった結末に、きみは必ず驚く!「おそらく、真犯人はわからないと思います。(ΦωΦ)フフフ…」by はやみね「細心の注意をはらって行動したまえ。命が惜しいのならね」SNSの仮想空間『ルーム』で、探偵の助手をしている“ぼく”。現実世界では、進学塾に通う受験生だ。ぼくたち、塾の特別クラスのメンバーは、受験前の最後の夏を、『夏休みルーム』で過ごすことにした。ルームでは、ぼくらはアバターの姿となり、まるでリアルな世界であるかのようにバーチャルな空間を体験できる。「登山」「百物語」「海水浴」――夏休みを満喫するはずのルームで、だれかか、ぼくを殺そうとしている!犯人は、特別クラスのメンバーなのか? それとも、SNSにいるという“幽霊”……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • はやみねシリーズ恒例の謎解き題2弾!最後でも未だ謎が残ったままだけど自分で自由に想像出来るので楽しいです。色々なルームがあるので1つでも良いから入ってみたい…

    はやみねかおるさんの謎解き題1弾もあるので是非読んでみてください!おすすめですよ♪

  • 塾の特別クラスのメンバー5人でSNSの仮想空間「夏休みルーム」で遊ぶことになった“ぼく”

    「登山ルーム」「百物語ルーム」「海水浴ルーム」……楽しいはずのルームで次々と起きる事件

    ルームに幽霊は存在するのか
    だれがどのアバターなのか
    ホストはだれなのか
    だれが“ぼく”を突き落とそうとしたのか

    《「おそらく、真犯人はわからないと思います。(ΦωΦ)フフフ…」》
    ──「あとがき」より

    「“乱歩風の物語”を」と依頼されて書いたはやみねかおるの新境地、『奇譚ルーム』(2018年)につづく新感覚“横書きミステリー”、2021年7月刊

    [はやみねかおる情報]
    累計200万部突破、子どもから大人までたのしめる大人気エンターテインメントシリーズ「都会のトム&ソーヤ」がメディアミックスで展開中

    ABEMAで2021.7.16からドラマ配信決定
    実写映画も2021.7.30から全国公開!

    『都会のトム&ソーヤ17 逆立ちするライオン』3月
    『都会のトム&ソーヤ ゲーム・ブック』5月
    『都会のトム&ソーヤ 最強ガイド』6月

    『都会のトム&ソーヤ 映画ノベライズ』(青い鳥文庫)7月14日
    『都会のトム&ソーヤ ドラマノベライズ ぼくらの砦』(KK文庫)7月29日
    『都会のトム&ソーヤ18 未来からの挑戦』7月29日

    そして
    『夏休みルーム』(朝日新聞出版)〜本書
    『怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城』(青い鳥文庫)7月14日

  • すごくおもしろかった。
    ルームシリーズ1巻も読んだけれど
    どちらも最後にどんでん返しがあり、
    自分が思ってもいない結末になり、びっくりした。
    ぜひ、読んでほしい!

  • おもしろかった!
    挿し絵はかわいいし、読みやすいのに、
    内容もミステリーとしてしっかりしている。

    夏休み気分も味わえて、とてもよかった♪


  • 小学生の頃から読み続けているはやみねかおるさんのシリーズ。大人になっても楽しめるというのは、やっぱりすごいですね。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

はやみねかおる
1964年、三重県に生まれる。三重大学教育学部を卒業後、小学校の教師となり、クラスの本ぎらいの子どもたちを夢中にさせる本をさがすうちに、みずから書きはじめる。「怪盗道化師」で第30回講談社児童文学新人賞に入選。〈名探偵夢水清志郎事件ノート〉〈怪盗クイーン〉〈YA! ENTERTAINMENT「都会のトム&ソーヤ」〉〈少年名探偵虹北恭助の冒険〉などのシリーズのほか、『バイバイ スクール』『ぼくと未来屋の夏』『帰天城の謎 TRICK 青春版』(以上、すべて講談社)などの作品がある。

「2022年 『怪盗クイーンはサーカスがお好き ゲームブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はやみねかおるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×