ウォ―ルストリート流 自分を最大限運用する方法

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.10
  • (2)
  • (8)
  • (13)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 114
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319233

作品紹介・あらすじ

登録者数40万人超の人気経済系Youtuber初の自己啓発書。米コーネル大を卒業、NYウォール街で11年間活躍した、超エリート投資家の高橋ダンがキャリアからメンタル、英語、体調管理に至るまで最強の自己投資術を伝授。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自己啓発本。年末年始のお供にチョイスした。外資系金融出身の著者だからか、JTC的な世界観で見聞きする価値観とは真逆な内容となっている。日々JTC的なあれこれにモヤモヤしている人には良きスストレス解消になると思われる。そういう意味では、年末年始のお供としては良かった。

    ただ、だからと言って本書の内容はJTCで実践できるものでもないし、すべきでもない。著者の言うとおり、外資系企業に転職すれば、あるいは実践できるのかもしれない。

  • う~ん、可もなく不可もなく。彼ならでは、っていう感じでもない。

  • 随筆集という感じ。これまでの人生で考えてきたことをまとめてぶつけた感じだが、自分にはヒットしなかった。

  • サラッと気になるところだけ流し読み。それで充分な本。
    20代の仕事に打ち込む人たち向け。

  • 自己啓発本ですが、投資思考と全てを結びつけようとしてよりわかりにくくなっている印象。
    他の本が良かったので購入したのですが、正直こちらの本は拍子抜けした感じです。

  • ウォ―ルストリート流 自分を最大限運用する方法
    著:高橋 ダン

    本書は、著者が自分を最大限「運用」するために必要不可欠だと身をもって感じた「思考法・メンタル・コミュニケーション・時間術・英語・体調管理」という自己投資のテーマについてまとめた、一味違った啓発書である。

    構成は以下の9章から成る。
    ①逆張りの戦略が僕の人生を切り拓いた
    ②自分こそが唯一無二の投資商品である
    ③自分を上場させるためのマインド
    ④市場で生き残り続けるためのキャリア戦略
    ⑤ライバルに勝ち抜くための統計学的思考
    ⑥人間関係の複利効果を最大化する
    ⑦英語で新たな市場を切り拓け
    ⑧最高のパフォーマンスを生む時間術
    ⑨健康こそ最も重要な投資対象である

    私自身も投資をするのに一番効率の良い対象が「自分」であるという概念に10年程前に出会った。しかし、「自分」「自分」という狭い範囲内でものごとを捉えるのではなく、社会・周りの方々との関わり合いの中での自分、今ではなく、しっかりと何を成し遂げたいのか、そのために何が必要なのかを逆算した中での計画的な自分投資計画があってこそ有効であることは、実践しながら気づいた。

    著者自身はその考えに対して「逆張りの戦略」というスパイスを取り入れている。「逆張り」は出来れば素晴らしい、だが高いリターンと同じく高いリスクを備えている。その戦略で立ち向かうには何より覚悟が必要であり、投資の自己責任原則と同じように全てが自分に返ってくる。

    自分自身、著者のような素晴らしい覚悟での逆張り戦略をとってきた自負はないものの、今後の点においては柔軟に時には覚悟を持って逆張りたるものを取り入れていきたいとも思う。

    リスクがない方向はない。どこまでそれを許容できるか、どこまでのリターンが現状と将来の自分と仲間に必要なのかを吟味しながら時にアグレッシブに攻めることも考えたい。

  • 1990年から2020年まで経済成長率が1%に満たない低成長率という。25年かけてほぼ成長してないと。

    調べたらグラフ上は乱高下してるけど、平均的にみたら、1%に満たないということなのかな。

  • 1番リターンがある投資は、自己投資。

  • ダンさんの生き方をそのまま本にしたもの。投資に喩えて話が進むので、ダンさんの本を読んだことある人は理解が早い。意識的に参考になる部分もあったので、読んでよかった。

  • 投資のプロである高橋ダンさんが、自己成長のための自己投資法について語っている書籍。

    「時は金なり」これに尽きる。
    今ある時間をどう使うかで、自分の時間の価値が変わる。自分の時間の価値を上げていけば、自ずと自己成長につながり、自分の価値が上がる。

    1日の自分の過ごし方を見つめ直し、改善していくための良いきっかけになった。

    様々な書籍を読んでいるが、どの分野の成功者も、時間の大切さについて語っている。
    いかに時間が大事か、意識し続けながら生活していこうと思った。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高橋ダン(たかはし・だん)東京生まれ、日本国籍。10歳までの多くを日本で過ごす。その後はアメリカで暮らし、父のアドバイスで12歳から投資を始める。21歳でコーネル大学をMagna Cum Laude(優秀な成績を収めた卒業生に与えられる称号)で卒業。大学在学中、ニューヨークのウォール街でサマーインターンとして働く。21歳で有名投資銀行に就職。22歳でヘッジファンドに転職し、トレーディングに従事する。26歳でヘッジファンド会社を共同設立し、30歳で自身の株を売却。その後、シンガポールに移住するとともに、アメリカ国籍を離脱し、日本国籍を選択。幼少期からこれまで約60カ国を旅し、2019年秋に東京に帰国。2020年1月にYouTubeでの動画投稿を本格始動し、わずか3カ月でチャンネル登録者数が10 万人超え。同年11月現在、日本語のメインチャンネルが27.4万人、英語チャンネルが6.5万人と日本の個人投資家から絶大な支持を集めている。 納豆と筋トレをこよなく愛する。

「2020年 『新・冒険投資家 高橋ダンの世界新発見!人生が劇的に変わる「旅」の極意』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋ダンの作品

ツイートする
×