儲かる会社のコミュニケーションの鉄則

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.40
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 34
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319240

作品紹介・あらすじ

18年連続増収、750社を指導してきたカリスマ経営者が見つけた、会社の業績はコミュニケーション「量」に比例するという法則。社長が「つくり笑顔」で「声かけ」をするだけで、業績は上向きだす。「何かないか」「ですよね」を口ぐせにするなど、会話の鉄則24も大公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実際の会社の社長としての仕組みを紹介。
    参考になった点をピックアップする。
    ①社長は、No.2と飲みに行って腹を割って話す
    ②頭を下げるのはただ。頭を下げる程、業績は上がる⤴️
    ③傾聴の4原則で聞く
    特に、相手を受容することが大切←社長になると忘れる

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒。1976年日本サービスマーチャンダイザー(現・武蔵野)に入社、1989年より現職。「落ちこぼれ集団」を毎年増収増益の優良企業に育てる。2000年、2010年日本経営品質賞受賞。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開。主な著書に『人材戦略がすべてを解決する』『経営計画は1冊の手帳にまとめなさい』(いずれもKADOKAWA)などがある。

「2021年 『99%の社長が知らない 会社の数字の使い方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山昇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
バーバラ・オーク...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×