まくらが来りて笛を吹く

  • 朝日新聞出版
3.42
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 102
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319288

作品紹介・あらすじ

人気噺家・春風亭一之輔の最新エッセイ集。落語の本題に入る前に話すフリートーク「まくら」のように、巷で噂のあの話、この話について本音でつづります。先輩噺家・春風亭昇太の結婚についてつづった「遅すぎ婚」、あの不倫離婚で世間を騒がせた俳優についてつづった「共演者」、自身の持ちネタの長所、短所についてつづった「レギュラー」、入部後すぐに退部したラグビー部なのに、ワールドカップで経験者としてのコメントを求められてしまった際の気持ちをつづった「ラグビー」など。合計122本の思わず納得、つい吹き出すエッセイを収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「『まくら』とは、落語の本編に入る前の導入のお喋りのこと。『頭に付く』から『まくら』。誰が決めたのかは知らない」(「はじめに」より)

    週刊朝日連載コラム「ああ、それ私よく知ってます。」の単行本化第2弾。
    2017年7月~2020年9月分がまとめられている。

    年間900席の高座を務める合間に、ガラケーで綴られたコラムが満載。

    いい加減に描かれているようなのだが、それが「良い加減」になっている。

    落語家としての毎日。

    3人の子供の父親としての日常。

    学生時代の思い出。

    落語家になってからの日々。

    面白おかしく綴られているのが、とても心地よい。

    「第二章 コロナのまくら」では、この一年の日常が綴られている。

    前代未聞の自体に右往左往しながらも、日常は流れていく。

    そこには当たり前の喜怒哀楽がある。

    それを著者が語ると、良い塩梅の「まくら」になる。

    「おわりに」に綴られた「引きの強い友人」の話は、古典落語のようなエピソード。
    そして、サゲ(オチ)がなんとも心憎い。

    張り詰めた心に良く効く、等身大のコラム集。

  • もの凄いヴォリューム、なんというコスパの良さ。
    パピコ大好き次男坊が、高尾山で自分の靴下を見つける話が大好き。

  • 様々なテーマについてのマクラが書かれており、実際に高座で聴いているように、スラスラと話が入ってきた。

  • 毒を効かせたまくらから、家族で盛り上がるあたたかいネタ、自虐的なネタ、ちょっとうまいこと言ってるような下品なネタまでとりそろえて。ユビキリマンゲンコをする今はなき夜の接待をともなうお店が大好きだったSさん。東京漫才のすず風にゃん子・金魚コンビの紹介。"私は中座してトイレへ。早くも「アウトプット」完了"。"辺り一面、ガールズ&チョコレート。茶褐色と化粧の匂いによって視覚と嗅覚を刺激され便意が「ゴディバーッ!」と膨れあがる"。娘の書き初めの課題に熱くなる父と、やりぬいた娘。顔に墨をつけて抱き合って喜び合う父娘。どうやら我が家ではノンフライヤーのことを「うちのお父さん」と呼ぶことに決めたらしい。「白米にペヤングをかけて食べる背徳感最高!」。といったあたりが個人的には好きでした。ちょっとうつりに行けよ、はなかなか出せるネタでないかと。

  • タイトル通り、一之輔師匠のマクラを丸々文字に起こしたかのような内容。 師匠の落語家としての評判なしに読んでも楽しめると思う。純粋にエッセイとして完成度が高い。

  • すごく面白いエッセイだけど、ボリュームが多いのと時系列じゃないところが、もう一つ

  • ときどきすごく面白い

  • ラジオやテレビでの話が面白くて、本の出版を宣伝していたので読んでみた。

    週刊朝日に連載していたコラムをまとめたもの。

    コロナ禍のことも書いてあり、割と最近の内容なのだけど、コロナ前の2~3年前の話はずいぶん前のことのような気がする。令和の改元の10連休とか、ラグビーワールドカップとか、2020年にオリンピックが開催されることに誰も疑問を持ってなかった頃とか。つくづくコロナが世の中を変えてしまったことを痛感する。
    落語界でも頭一つ抜けた活躍しているだけあって、イベントなどが中止になってしまっても、YouTube無料配信を始め、ファンを増やそうとするなど、ちゃんとできることをやっているのがさすがだなと思った。
    面白いけど、真剣に読む内容でもなく1ずつの話が短いので、移動中の電車なんかで頭を使わずに読むのに適してるかな。

  • 新型コロナも『まくら』だけで終わるといいのだが‼

  • 本当に寄席で師匠の枕を聞いてるみたいに読めた。
    家で読んでて良かった、あちこちで吹き出しちゃった。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

噺家。日本大学芸術学部卒業後、2001年5月に春風亭一朝に入門。前座名は「朝左久」。2004年11月、二ツ目に昇進し「一之輔」と改名。秀逸な芸で人気が高まり、2012年3月、異例の21人抜きで真打昇進。得意ネタは「初天神」「鈴ヶ森」「青菜」など。若手No.1噺家の呼び声高い。現在FMラジオ『SUNDAY FLICKERS』でパーソナリティを務めている。

「2015年 『春風亭一之輔 落語のたくり帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春風亭一之輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
平野 啓一郎
横山 秀夫
川上未映子
凪良 ゆう
川越宗一
馳星周
恩田 陸
三浦 しをん
春風亭一之輔
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×