クイズで88本ノック 最強クイズ集団からの“謎解き"挑戦状

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319370

作品紹介・あらすじ

伊沢拓司率いる最強クイズ集団「QuizKnock」が88問の謎解きを出題!
謎解きはレベル1~3に分かれていて、自分の難易度に合わせて
子どもから大人まで誰でも楽しめます。
オールカラーでイラスト満載。どの問題から解いてもワクワクすること間違いなし。

87問までは問題の次のページに回答がありますが、
最終問題88問目にはしかけが。
88問目の解答を応募すると、
なんと抽選でQuizKnockの直筆サインつきスペシャルプレゼントが当たります!

さらには、QuizKnockメンバーによる座談会
「ぼくらはこうしてクイズに強くなった」も収録。
メンバーたちのクイズにちなんだコラムもあります。
すべてを読めば、QuizKnockのクイズの強さの秘密がわかり、
そして、読んだあなたもクイズのレベルアップができます。

クイズ・謎解き好きにはたまらない一冊です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 電車移動中に読んだのだが、面白くてあっと言う間に時間が経った。カチコチの頭が少し柔らかくなった気がする。全漢字に振り仮名あるけど、大人も楽しめる。

  • ちょっとずつ解いてます。謎解きが苦手な母も★1は解きやすかったです。いかにも山本くんの謎解きって感じで、たっぷり問題が載っていて満足です。

  •  クイズノック山本祥彰をメインに執筆された「謎解き」本。
     「ジュニアエラ」という「アエラ」のジュニア版に当たる雑誌に掲載されていた謎解きを中心に構成されているようだ。
     表紙などに子供向けを示唆する文言はない気がするが、実質ジュニア向けなのでしょう、難易度はやさしめ。
     一応、「レベル☆」「レベル☆☆」「レベル☆☆☆」とあるが、最高難易度でもそう悩む問題はない。
     テレビのクイズ番組のひらめき系の中でも簡単な法の難易度・・・という表現で伝わるかどうか。
     わかり難い問題もなくはないけれど、ヒントがあるので・・・で、このヒントが割とわかりやすすぎちゃって・・・問題でピンと来なくてもヒントでわかっちゃうことも・・・。

     個人的には、このヒントの数歩手前のヒントにたどり着く手前ぐらいのヒントが欲しかった。
     ヒント1 ヒント2みたいなね。

     悩んだのは1問だけかな。
     最後の問題は答えが掲載されておらず、スマホで専用サイトに飛んで答えを打ち込み懸賞に応募する流れになっている。
     2021年6月いっぱいまでらしいのでチャレンジしたい方はお早めに。
     その後そのページに解答が載るのかもしれないが、この本だけで完結しない謎解きを良しとしない人もいるかと思うので参考までに。

     クイズノック主要メンバーの簡単な紹介とメッセージ、クイズに関するインタヴュー記事なども載っている。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

QuizKnock(クイズノック)
クイズ王・伊沢拓司によって集められた東京大学クイズ研究会を中心とするメンバーが運営するWEBメディア。「身の回りのモノ・コトをクイズで理解する」がコンセプトで、話題のニュースやお役立ち情報、マニアックなテーマまで、幅広い情報をクイズ形式で伝えている。2016年10月にオープンし、2017年4月にYouTubeチャンネルを開設。急成長を遂げ、月間PVは700万、YouTubeチャンネル登録者数は89万人を突破(2019年9月現在)。

「2019年 『QuizKnockファンブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

QuizKnockの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
加藤シゲアキ
山崎 聡一郎
宇佐見りん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×