【通常版】クイズ思考の解体

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.00
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 90
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023319837

作品紹介・あらすじ

東大卒クイズ王・伊沢拓司の待望の新刊!
執筆2年半のALL書き下ろし。クイズ業界関係者から大絶賛!

「高校生クイズ」で史上初の2連覇を果たし、「東大王」や「QuizKnock」創設で日本のクイズ界を牽引する伊沢拓司。
彼の「思考過程」がまるっと見えてくる!

「クイズは無限の可能性を持つエンターテインメントです。クイズが文化として見直され注目されている今こそ、クイズを解く時に何を考えているかという思考過程を解剖したい!それが私を育ててくれたクイズ界への恩返しになる。その使命感で無心に執筆を続けた、『クイズのために書いたクイズの本』です!」(伊沢)

クイズを愛しすぎた時代の寵児が「クイズ本来の姿」を長大かつ詳細に、繊細だが優しく解き明かすクイズの解体新書。伊沢氏自らが長期間に渡って調査を行い、圧倒的な情報を詰め込んだ超大作である。
熱意のこもった、かつ親しみやすい筆致で、クイズの現在地をロジカルに体系化し、未来への発展をいざなう。クイズプレーヤーはもちろん、クイズ愛好者にはぜひとも手に取ってもらいたい、クイズ史の「マイルストーン」となる一冊になるだろう。

★史上初① 膨大な資料を基にクイズ史をひも解く
戦後、異国の地から日本にやってきたクイズ。クイズ文化の萌芽~冬の時代を経て到来した2週目のブーム。「クイズは、マジックではない。ロジックだ」(伊沢)。新時代を開拓し、クイズ界を牽引し続ける伊沢氏自らが、GHQによるクイズ番組導入から「東大王」「QuizKnock」ブームまでをロジカルに解き明かす。

★史上初② クイズの問題文をフレームワーク化
これまで体系化されることのなかったクイズの問題文を分類し、その構造を分析。クイズプレーヤーが早押しで用いる「思考過程」、クイズが持つ「推測や発見の面白さ」を余すことなく解き明かす。

★史上初③ クイズを科学する
繊細な言語を相手取りつつ、自身のコンディションと向き合うクイズプレーヤー。早押しクイズは、勝負の全体像と数多ある個別の要素が相互に作用し合う「複雑系」だ。「クイズ王は、なぜ高速で答えに辿り着き、ボタンを早く押せるのか?」「そもそも『答えが分かる』とは何なのか?」の考察は、とどまることを知らず深みへと進んでいく。認知科学的視点すらも参照しながら思考の深遠を目指し、クイズ文化をさらなる発展へいざなう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 序章 マジックからロジックへ
    1 クイズの歴史
    クイズ史とはなにか
    日本クイズ史の萌芽―GHQがクイズを持ち込んだ
    日本クイズ史の萌芽ー視聴者参加型の50年代
    クイズ王の誕生―70年代のクイズ番組
    クイズ王が生まれ、クイズ番組は去った
    冬の時代を耐え抜いたものたちー「アマチュアクイズ」と「二周目」のクイズ史
    より強力なクイズ王の時代
    そしてQuizKnockと新時代
    2 早押しの分類
    2.5 早押しの分類、そのテレビへの応用
    3 クイズと誤答
    「リスクと戦略」の拡張
    誤答なくしてクイズなし
    マクロの戦略のフレームワーク
    クイズプレーヤーの脳内におけるリスク計算
    正しいリスク認識による誤答観の転換
    マクロからミクロヘの橋渡し~「東大王」より
    マクロの戦略は試合内でどう変化していくのか
    そもそもなぜ「確率」的戦略立案が優れているのか
    4 クイズと作問
    クイズを特殊たらしめる「作問」という要素
    「一方向型」のテレビクイズと「双方向型(ギプアンドテイク)」のアマチュアクイズ
    作問におけるホスピタリティ
    「正解させる」意識
    丁寧なホスピタリティの作り方
    早押し以外の作問と、良い作品作り.
    5 クイズ思考と「クイズを伝えること」
    カオスとしての早押しクイズ
    閉じたカオスから開かれた複雑系全体ヘ
    複雑系たる主な要因
    思考過程のモデル化
    クイズ思考のこれから

  •  予想以上に面白い。なので、「業界人から大絶賛」とかいうチープな売り文句は似合わないと思う。
     ハードカバーで4500円だが紙質はチープ。

    【書誌情報】
    著者:伊沢 拓司
    ISBN:9784023319837
    定価:4950円(税込)
    発売日:2021年10月20日
    A5判上製 480ページ
    https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=23097


    【簡易目次】
    序章:マジックからロジックへ
    1章:クイズの歴史
    2章:早押しクイズの分類
    2.5章:早押しクイズの分類、そのテレビへの応用
    3章:クイズと誤答
    4章:クイズと作問
    5章:クイズ思考と「クイズを伝えること」
    あとがき:クイズをクイズのままに

    [COLUMN]
    ・「クイズ界」古今東西
    ・現代の早押しクイズに「確定ポイント」は存在するのか?
    ~早押しクイズの微分学 その現在
    ・クイズに統一王者がいない理由~クイズの「強さ」論
    ・クイズ王と学歴
    ・再考「クイズの持つ暴力性と、その超克」
    ~「ユリイカ」の反省とアップデート

  • 関心のある章を拾い読み。
    感想を書こうと思ったら自分のクイズ論になってしまうので、その辺は必要があれば別のSNSあたりでやります。

  • 著者はクイズプレーヤーの一人として、またクイズという文化を一般大衆に紹介する団体のメンバーの一人として、「クイズ」というもの、より正確に言うなれば「競技クイズ」とも称される読み上げ式の文章クイズについて、その構造、論理、プレイヤーの戦略について論じている。
    著者はあくまで私見にすぎない、とことわりを入れながらもこの因数分解を通じて、競技クイズを大衆に解説することを試みている。だが同時にこれはクイズプレーヤーにとっても、一つの目安となるものであり、これまでサークルなどのclosedな環境において秘伝の如く伝えられてきた、あるいは実践環境において自ら習得されてきた技術を解説したという点で驚くべき大著であると言えよう。
    その仰々しい構えに敬遠されるきらいはあると思われるが、恐れることなく取り組んでいただきたい、と思えるクイズプレーヤー(ことに初心者)にとっての必読の書と考えられる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

開成中学・高校を経て、東京大学経済学部を卒業。東京大学農学部大学院農学生命科学研究科中退。(株)QuizKnock CEO。WEBメディア『QuizKnock』の編集長を務め、登録者100万人を越える同YouTubeチャンネルでも活動する。TBS系『東大王』『グッとラック!』にレギュラー出演中。短文クイズサークルA(あ)、さいたまクイズ愛好会などのクイズサークルに所属。
「無知を恥じず、無知に甘えることを恥じる」を座右の銘とし、分野の別け隔てなく日夜知識を蒐集している。趣味はアコースティックギターの弾き語り。
1994年5月16日、埼玉県生まれ。ワタナベエンターテインメント所属。

「2020年 『QUIZ JAPAN全書06 東大生クイズ王・伊沢拓司の軌跡Ⅱ ~栄光と挫折を超えて~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊沢拓司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
雨穴
リンダ グラット...
アンデシュ・ハン...
劉 慈欣
伊坂 幸太郎
ひろゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×