一度は訪ねたい 日本の城 (ビジュアル版 鑑賞ガイド)

制作 : 西ケ谷恭弘 
  • 朝日新聞出版
3.55
  • (0)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023330306

作品紹介・あらすじ

【芸術生活/家事】「平成の修理」を終え、3月27日に「大天守グランドオープン」を迎える姫路城をクローズアップ。併せて全国の城の絶景ショットや城郭鑑賞のポイント、全国156名城の詳細データなどを網羅。城郭めぐりが100倍楽しめる一冊!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北は根室から南は沖縄の首里城まで、日本全国の名城156について紹介されています。景色の素晴らしい、絶景名城が、第一章にあります。今年(2015)4月にリニューアルした、姫路城を始めとして12のお城が紹介されています。

    特に、天空の城として紹介されている3つのお城(越前大野城、備中松山城、但馬竹田城)(p19)は幻想的ですね。

    その他にもテーマ別に紹介されています。私が動けるうちに是非行っておきたいと思ったのは、桜の名城です。全部で50以上もあります(p121)

    この本で選ばれたベストスリーである、弘前城(青森)、姫路城(兵庫)、高遠城(長野)(p119)はぜひ行ってみたいです。

    かつての城下町を楽しめる、近江八幡(滋賀)、杵築(大分)、知覧(鹿児島)、角館(秋田)、金沢、出石(兵庫)、津和野(島根)、島原(長崎)、飫肥(宮崎)、萩(山口)も、面白そうです(p49)

    庭園の特集も良かったですね。大名の庭園は今でも綺麗にされているところが多いので。栗林荘(香川)、養翠園(和歌山)、湯殿跡庭園(福井)、清水園(新潟)、偕楽園(茨城)、楽山園(群馬)、養浩園(福井)、兼六園(福井)、岡山後楽園、衆楽園(岡山)、天赦園(愛媛)、水前寺成趣園(熊本)、仙巌園(鹿児島)(p175)

    2015年6月13日作成

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする