デキる人が使っている 人の心を動かす 使える質問 (オトナの教養BOOK)

  • 朝日新聞出版
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023331563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 社会に出た時に役に立つと思ったから
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50112825

  • その先を聞く 【それで?】
    事実、意思を確認する【ほんと?】
    定義を確認するため【●●とは?って?】

    最近どんないいことがありましたか?
    忘れられない旅先は?
    今夢中になっていることは?
    相手の価値観を知る
    ●●ってよく言われませんか?

    見どころは?ズバリやりがいは?
    詳しくない話題こそ、その魅力を相手に存分に語ってもらうこと

    うまくいったきっかけはなんですか?
    どんな風に知り合ったのか?
    仕事を始めたきっかけは?
    と、いうことですね?
    どんなところが、楽しかったですか?

    ☆いいね+拍手ゲーム
    3つの質問を順番に答えていく
    最近あったいいことは?
    大切にしているものは?
    感動したことは?
    答えるといいねーと皆で拍手

  • 使える言い回し集だけれど、表情や身振りが伴っていないと逆効果かも。

  • .myhou.co.jp
    ・いい質問とそうでない質問と、その理由も含めてわかりやすかったと思う。
    ・「私が何で怒ってるかわかる?」など、質問形を取りながら、質問になってない言い回しの分類はなるほど。と思った。

  • <目次>
    はじめに  質問力が身につく基礎知識
    第1章   好感のもたれる質問のしかた
    第2章   会話のはずむ質問のしかた
    第3章   人が育つ質問のしかた
    第4章   やる気を引き出す質問のしかた
    第5章   心をととのえる「自分への質問」

    <内容>
    簡単なシチュエーションを想定して、1ページに一つのキーセンテンスで質問の効果を説く本。「はじめに」や「コラム」などが役立ちそう。自分でそのシチュエーションを想像しながら、相手も想定して頭の中で質問を組み立ててみるといいと思う。質問力は、これからのキーワードだと思う。コミュニケーション能力が話題となり、「雑談力」なるものも登場しているが、コミュニケーションは双方向。適切な質問が会話のキャッチボールが長続きするコツだと思う。「傾聴」そして「質問」。難しいが、中高年がしっかり身につければ、老後も愉し、であろう。

全4件中 1 - 4件を表示

デキる人が使っている 人の心を動かす 使える質問 (オトナの教養BOOK)のその他の作品

松田充弘の作品

ツイートする