まんがで手づくり入門 編みもの始めてみました!

  • 朝日新聞出版
4.00
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023340152

作品紹介・あらすじ

買い物の仕方や道具の揃え方などの基礎の基礎から、かぎ針編みと棒針編み、両方の基本テクニックがマンガを通してよくわかる。いったい何がわからないのかわからない人でも編めるはず。動画にアクセスできるQRコード付きで、作品づくりの全体の流れもわかりやすい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動画付きの初心者向け編み物本は過去発刊されたことがなかったかもと思い、購入しました。

    私が子供の時に買った初心者向け編み物本もマンガ仕立てだったのですが、女の子が片想いの男性に編むというストーリーばかりでした。
    (手芸の立ち位置の押し付けがきついなあと、子供ながらに思いました)
    この本は、いろんな目的や自分軸で編み物を始めたキャラクターが登場しました。そこがとても新鮮でした。

    編み物に関しては、毛糸の糸の出し方や、編み針の種類、毛糸玉のラベルの見方、ゲージ、糸の持ち方など、編み物を始めた時に悩んだ内容が網羅されていて、とても親切な内容だと思いました。
    どうしてそうなるのかわからないままでも編み物はできると思いますが、理由や定義がわかると、やる気も倍増します。初心者の気持ちにこんなに寄り添ってくれた本は今までなかったのではないかと思います。

    ただ、掲載されていた編み方写真がとても見にくかったのが残念です。

    1:写真が小さい、手から離れた写真で動きが見にくい。
    2:使用した糸の色が適していない。編み方を見せるには難しい色で、どこに針を入れて糸を引き抜いているのかがわかりにくい。
    3:写真の解像度が高くなさそうで、見づらい。
    4:本自体が縦読みの構成なのに、編み方写真のところだけ横読みになっている(目が泳いでしまいました)
    5:動画付きで安心と書いていたけど、基本作品の動画しか載っていなかった。

    多分、本の大きさがB5くらいであれば良かったのかもしれないと思いました。

    動画は毛糸メーカー、ハマナカさんのあみゅーず動画の方がわかりやすいと思いました。


  • 知ってるつもりで知らなかった基本がいっぱい。仕上がりが違ってきそう!
    写真がついているのはとっても分かりやすくて良いのだけど、①②③は「左から右へ」ではなく「右から左へ」並べたほうがわかりやすい。この本は左開きで右から左へ読み進むので。(編み物の本は右開きのほうが断然多いから、よく考えなかったのかな)

全2件中 1 - 2件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×